「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

【妊娠したら癌になった話 第10話】ある日、妊娠が判明した月野ねこさんは、夫と「やった〜! 3人目だね」と喜び合いました。しかし、後日に婦人科を受診し、超音波検査や内診を受けたところ、医師に「残念ですが…異常妊娠です」と言われてしまい…。

【前回のあらすじ】個人クリニックにて、胞状奇胎(ほうじょうきたい ※1)との診断を受けた、月野ねこさん。その後、大学病院に転院して精密検査を受けたところ、胞状奇胎から侵入奇胎(しんにゅうきたい ※2)になったことが判明。ある月の金曜日から大学病院に入院し、週明けの月曜日から抗がん剤を使った治療を始めることになりました。しかし、初めての抗がん剤治療に、ねこさんは……。

 

※1=胞状奇胎は、異常妊娠・絨毛性疾患の1つ。本来は胎盤になるはずの絨毛が異常増殖し、ぶどうのような粒がたくさん子宮内に発生する。
※2=侵入奇胎とは、胞状奇胎の細胞が、子宮内の筋肉や血管内に侵入した状態のこと。

 

※月野ねこさんご本人の体験談ですが、作中での月野ねこさんは“豆田あんこ”という名前になっています。

 

初めての抗がん剤治療が始まる

「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

 

「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

 

「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

 

「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

 

「ママがんばれー!」ひとりきりの入院生活でふと頭に浮かんだのは… #妊娠したら癌になった話 10

 

金曜日に入院したねこさんは、入院初日にもろもろの検査を済ませ、土日はこれから始まる抗がん剤治療に向けて、体と心を落ち着かせるための休養をとりました。

 

そして、あくる月曜日。ついに抗がん剤治療が始まります。朝の早い時間、目覚めたねこさんのもとに看護師さんがやってきて、検温と血圧の計測をおこないました。そのとき、看護師さんが「今日から抗がん剤が始まりますね。何か少しでも不安なことがあったら、すぐに私たちにお話ししてくださいね」とやさしく声をかけてくれたのですが……。

 

人生で初めての抗がん剤治療に、ねこさんは不安しかありませんでした。でも、「ママがんばって!」と言ってくれる子どもたちや支えてくれる夫のためにも、不安を抱えながらも前を向いて頑張るしかないのです。

 

また、このときのねこさんは、自分が何に対してどんな不安を抱いているのか、看護師さんにうまく説明する自信がなかったそうです。それに加えて、「不安な気持ちを言葉にしたら絶対に泣いてしまう。泣いている姿を看護師さんに見られたくない」という気持ちもあり、相談できなかったのだとか。

 

そうして、人生で初めての抗がん剤治療が始まる前、ねこさんはひとり病室で涙を流したのでした。

 

監修/助産師 REIKO

 


 

月野ねこさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター月野ねこ

    月野ねこです。インスタで漫画を描いています。漫画やイラストのご依頼お待ちしています♩

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶