え、歯ぎしりが原因だった!?歯ぎしりを軽視していたことで起こった体調不良とは

40代半ばのある日、旅行先で姉に指摘された歯ぎしり。自覚症状がまったくなかったため友人にも確認してみたところ、前から気になっていたと聞いてがく然。言われてみると、朝起きたときの奥歯や顎にたしかに違和感があったので、ネットでセルフチェックをしてみることに。結果、ストレスが原因による歯ぎしりだと認識しました。歯ぎしりによる怖い体調不調と私の改善策をお話しします。

この記事の監修者

医師川田 悟司 先生

川田歯科医院院長。咬み合わせ認定医。長年に渡り、咬合診査・診断をおこなう。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

奥歯の詰め物が取れて歯医者を受診すると…

ある日突然、旅行先で姉に「歯ぎしり」を指摘されました。若いころは誰にも言われたことはなかったのに……と思い、ネットで歯ぎしりを検索すると、ストレスが主な原因とわかりました。でも、それほど深刻に捉えておらずそのまま放置していました。 

 

その後、奥歯の詰め物が取れたのが原因で歯医者にかかったときに、奥歯の詰め物がすり減っていると指摘を受けたのです。また、寝ている間の歯ぎしりと歯の食いしばりが原因で、奥歯と顎にかなりのストレスがかかっているとの指摘も。

 

思い起こすと、朝起きたときに奥歯周辺の顎がこわばっていることが時々あり、寝ても疲れが取れていないことがよくありました。

 

顎がガクガクするのは顎関節症? 

顎を押さえる女性

 

ある日の朝、普通に歯を磨こうとしたら、顎がガクガクしてほとんど口が開かないのです。もしかして顎関節症?と思い、掛かりつけの歯医者に相談。寝ている間の歯ぎしりと歯の食いしばりが大きな要因だと再度指摘を受け、2~3日間は流動食で様子を見ました。その後、改善はしましたが、歯ぎしりを軽視していたことで顎にかなりの負担がかかっていたようです。

 

また、歯の定期健診のときに、奥歯の詰め物が欠けているとの指摘を受け、歯にもかなりの力で負担をかけている現実にぞっとしました。ちなみに、通常の成人のかむ力は40~70㎏と言われているのに対し、歯ぎしりは300㎏もの力が加わるらしく、寝ている間の歯や顎関節、周辺の筋肉への負担圧は相当なようです。

 

また、私は40代前半から急激に仕事が忙しくなり、寝ても疲れが取れなかったり、体力の限界を感じたりと年齢による無理のできない体調の変化も加わり、片頭痛や慢性的な肩凝りに悩まされることが多くなりました。

 

毎週末、マッサージや鍼灸治療に通ってみましたが、一時的には良くなっても根本的な改善につながることはほぼ皆無。調べてみると歯ぎしりが肩凝りの原因になることがわかりました

 

これらのことを踏まえ、「歯ぎしり対策」に真剣に向き合うことにしました。

 

 

歯科医のすすめで夜はマウスピースを装着

マウスピースを装着する女性

 

寝ている間の歯ぎしりは、どうしても自分ではコントロールできないもの。そこで、歯医者に相談したところ、「マウスピース(ナイトガード)」の装着をすすめられ、保険適用で約3000円くらいだったので、すぐに購入を決意。その後、自分専用に型取ったマウスピースを付けて就寝することにしました。

 

付け始めはプラスチックをかんでいるような異物の装着の違和感があり、寝付きにくいこともありましたが、そのうちに徐々に慣れ、周囲から「歯ぎしりが気にならなくなった」とのうれしい声をもらえました。

 

実際に、マウスピースを装着することは、①歯のすり減り防止、②歯ぎしりの力が歯列全体に分散され歯の破折を防止、③顎関節の負担を軽減する、など良いこと尽くめのようです。

 

たしかに、朝起きたときの奥歯の痛みや顎のこわばりは改善され、深い眠りにつけるようになりました。そのおかげで、慢性的な肩凝りや時々起こる片頭痛も劇的に改善でき、歯ぎしりを軽視していたことを猛反省しました。

 

まとめ

40代半ばからストレスによる体調不良により、知らず知らずのうちに体のあちこちが悲鳴を上げていたことを痛感。自分ではまったく気付かなかった「歯ぎしり」も、体調不良を引き起こすサインだったはず。なのに、軽視していた結果、歯と顎にかなりの負担をかけてしまい、奥歯の欠け、肩凝りや片頭痛などを引き起こす要因になっていたことは、思い起こすだけでもぞっとします。

 

歯は一生付き合っていくもの、そして歯の健康は体全体に大きな影響を与えるものだと再認識。歯に負担をかけないためにも、ストレスフリーな生活をできるだけ心がけていきたいと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:いずみ

独身。コロナ禍を機に、人生における健康の大事さを実感し、里山に移住し田舎暮らしを楽しんでいる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶