川田 悟司 先生の記事

医師

川田 悟司 先生

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

川田歯科医院院長。咬み合わせ認定医。長年に渡り、咬合診査・診断をおこなう。

記事(20)
「早く受診すべきだった!」激痛だった治療で歯医者がトラウマに。でもまた歯が痛みだして…
私はまだ永久歯を抜いたことも、抜けたこともありません。親知らずも3本生えていますが、虫歯にもなっていません。だからといって、特別口腔ケアに力を入れてきたわけでもなく、たまたまこの状態を保てているだけです。でも最近、80歳になってもこのまま自分の歯で食べ物を食べたいな……と思い、大嫌いな歯科にも通い続けています。これは私が「歯を大切に生きよう」と感じた体験談です。
「急にどうしちゃったの?」予想外だった歯周病の診断、医師から告げられた原因に驚き【体験談】
「食べたら、歯を磨きなさい」。毎日のように子どもたちにしつこく言ってきた言葉なのに、まさか自分が歯周病に!? 歯の定期健診で初めて「軽い歯周病です」との診断が下り、現在は定期的に通院しながら歯ブラシ指導や歯周ポケットの数値測定、クリーニングなどをしています。長年同じように口腔内のケアをしてきて問題なかったのに、ここにきて急にどうしちゃったの? 気になって原因を調べてみると、口腔内の変化と更年期が関係していることがわかりました。
「まさか便秘になるとは」歯列矯正中に食べられるものは偏りがちで… #くそ地味系40代独身女子 54
「くそ地味系40代独身女子」第54話。アラフォー独身女子の大日野カルコさんの「くそ地味」な日常を描く連載マンガ。歯列矯正真っ最中の大日野さん。下だけでなく、上の歯にもワイヤーを入れたところ、食べられるものが限られてしまうようで……。
「良いことずくめ!」56歳で歯列矯正をスタート!6kg減量にコレステロール値も改善【体験談】
歯列矯正というと10~20代が主流と思われがちですが、最近では40代以上の大人も歯列矯正をする人が増えているそうです。大人に歯列矯正が必要なのは、加齢により顎の骨格が変化、歯並びやかみ合わせが変わったり、歯間が狭くなり虫歯になりやすくたるためだそう。6カ月前から歯列矯正を始めた七田さん(仮名)(56歳)に歯列矯正の実際を聞いてみました。
「丈夫で見た目が良い」人生100年時代で決意!取れた銀歯をジルコニアオールセラミックに【体験談】
30代のある日。銀歯が取れて歯医者に行ったところ、「今後を考えると、金属であり体内に悪影響があるとされる銀歯をまた作るより、ジルコニアオールセラミックスに替えることをおすすめします」と提案されました。「人生100年時代の今、この先の人生は長い。当時30代半ばだった私は、どうせなら審美的に優れていて丈夫な歯で過ごしたい」。そう考えて、ジルコニアオールセラミックスを入れることを決断しました。
「ショック!老けた…!?」歯ぎしり改善のため、顎周りにボトックスを注射したら… #アラフォー絵日記 15
「アラフォー絵日記」第15話。2歳の息子さんがいる、アラフォーイラストレーターの村澤綾香さん。アラフォーになり、若いころとのギャップを実感する日常マンガを紹介します。歯ぎしりで悩んでいた村澤さん。改善のためにボトックス注射をすすめられて……。
「後戻りはできない治療」インプラントかブリッジか? 50代が選んだ歯科治療は… #生まれて半世紀 13
「生まれて半世紀」第13話。生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。1年かかったインプラント治療が終了した月野さん。そもそも50代になってからなぜインプラント治療をすることになったのか? きっかけは食事中だったようで……。
「早く抜糸したい!」インプラント治療の術後、痛みや腫れより気になるのは… #生まれて半世紀 12
「生まれて半世紀」第12話。生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。インプラント治療のためのオペが無事終わった月野さん。抜歯は1週間後と言われて……。
「緊張MAX!」50代のインプラント治療、オペ直前に心拍数が爆上がりして… #生まれて半世紀 11
「生まれて半世紀」第11話。生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。インプラント治療でオペが決まった月野さん。オペ当日、緊張がMAXになった月野さんは……。
「恐怖!」インプラント治療を開始、オペにおびえるチキンな50代 #生まれて半世紀 10
「生まれて半世紀」第10話。生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさん。アラフィフ母ならではの日常を描いたマンガを紹介します。今回は、月野さんがインプラント治療をスタートしたときのお話。抜歯後、顎の上に土台を埋め込む骨ができるのを待っていたある日ついに……。
「え、歯周病の一歩手前!?」40代からリスク増の虫歯と歯周病をケア
子どものころは親にがっちりと歯の状態を監視され、歯科にきちんと通ったものですが、大人になると違和感を覚えたり、不調がないとなかなか歯科に行きませんよね。私の周りの人たちも「歯科なんてもうウン十年と行っていないわ~……」という人、たくさんいます。でも、アラフィフこそ行っておいたほうが良いようです……!
「歯がしみる…」つらい知覚過敏はなぜ起こる?対処法は?【医師解説】
冷たい物を食べたり飲んだりしたときに歯がしみたことはないですか? 「虫歯? 知覚過敏?」と迷った人もいるかと思います。そんな気になる症状について、歯科医の川田悟司先生に解説していただきました。年齢を重ねるにつれ、歯に負担をかけて歯がしみることが増えてきます。なぜ歯がしみるのか、どう対処すればいいのかなどをわかりやすくお伝えします。
「200万円かけたのに?」歯を4本失った私がインプラント埋入手術後に起きた数々のトラブル
私は47歳で歯を4本失い、地元で有名な歯科医院でインプラント埋入手術を受けました。その後無事に4本のインプラントが入り、私は万事解決と大喜び。このときの私はインプラント埋入後に数々のトラブルが起こるとは、予想さえしていなかったのです。アラフィフの私が、4本のインプラント埋入後に体験した数々のトラブルについてお話しします。
「歯が長くなってる!?」原因は歯周病?放置すると歯が抜ける?【医師解説】
歯ぐきから出血したり、冷たい物を食べたりしたときに歯がしみたり。「もしかして歯周病?」と鏡で歯ぐきを見たら以前より歯が長くなっていた、なんてことはありませんか。このままにしておくと歯が抜けるかも……と不安になる人もいるでしょう。そこで、歯科医の川田悟司先生に歯が長く見える原因と対策を教えていただきました。
PICKUP

お子さまの写真
投稿で当たる🎁

ココをタップして
︎詳細を確認▶