「大きく羽ばたいてほしい」平和と娘の未来を願って…ママが子の名前に込めた思いとは?

ベビーカレンダー恒例の人気企画「赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーン」。不安定な世界情勢や依然続く新型コロナウイルス感染症の影響で不安な思いをしたママ・パパも多かったと思います。そんななか、今年もたくさんのママ・パパから心温まる名づけエピソードが集まりました。ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

2022年の「名づけエピソード大賞」に輝いたエピソードを、ベビーカレンダーで人気マンガ家・あさうえさいさんがマンガ化!

応募いただいたエピソードと共にご覧ください。

 

2022年赤ちゃんの名づけエピソード大賞

 

2022年赤ちゃんの名づけエピソード大賞

平和な世の中と娘の未来を願って

妊娠5カ月ころ、赤ちゃんは女の子だとわかり名前を考え始めました。新型コロナウイルス感染症や、依然続くロシアとウクライナの戦争もあり、決して平和とは言えない時代。

 

この子が成長していく世界は「平和で穏やかな世界であってほしい。そして、争いを好まず、誰に対してもやさしくできる穏やかな心を持った子になってほしい」そんなときに思い浮かんだ言葉が「凪」でした。

 

凪とは風が止まり、波が穏やかになるという、海の状態を表す言葉です。 「凪」だけでも十分素敵な名前だったのですが、これだと男の子に間違われてしまうこともありそうだなと思い、最後に1文字つけたいなと考えました。

 

なぎさ、なぎこ、なぎえ、なぎは……なぎは!! 音の響きがかわいくて、しっくりくる名前を探していたところ、つけたい漢字もすぐにひらめきました。

夫婦の思い出を名前に込めて

漢字は「羽」という字。私たち夫婦の出会いのきっかけであるバドミントン(羽球)が由来です。 私たちはバドミントンを通して楽しい時間をたくさん重ね、バドミントンがなければきっとこの子も存在していない。こんな素敵な出会いを運んでくれた「羽」には心から感謝です。

 

また、私は20歳になる前、好きな仕事をするために地元を離れ、遠く沖縄に羽ばきました。そのため、この子も「自分の好きなことややりたいことを見つけて、大きく羽ばたいてほしい」そんな願いを「羽」という字に込めました。

 

生後2カ月の現在は、初めてのチャイルドシートに大量のうんちをお漏らししてママをパニックにさせたり、お風呂が大好きで毎日お湯を舐めて味わおうとしたりと、穏やかな日常とはあまりにかけ離れていますが……。いつか穏やかな日常が訪れることを願っています。 凪羽の未来に幸あれ!!

 

寄稿/なぎはママさん

イラスト/あさうえさん


2022年の「名づけエピソード大賞」を受賞したのは、なぎはママさんからのエピソードです。

妊娠中、新型コロナウイルス感染症や世界情勢のニュースを目にし、心を痛めていたママ。この子には、平和な世界で大きく羽ばたいてほしいと「凪羽(なぎは)」という名前をプレゼントしました――。

 

「平和への願い」と「娘の未来を願う気持ち」が込められた名づけエピソードに、ベビーカレンダー編集部一同感動し、みごと大賞受賞となりました。

 

さまざまな名づけエピソードを知っていただくことで、一生に何度もない大切なわが子の命名の参考にしていただければ幸いです。ベビーカレンダーの「赤ちゃんの名づけエピソード」が、みなさんのお子さんを笑顔にするきっかけとなりますように。

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあさうえさい

    2021年2月に32w4dで息子ゆんを出産。Instagramで妊娠記録を中心に育児日記や夫婦のやり取りを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶