「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

【子宮がんと腸閉塞になりました 第1話】43歳になる誕生日当日。レバーのような血の塊と大量出血に見舞われ、思わず「ギャー!」と叫び声を上げた、はなうたねこさん。婦人科を受診したところ、子宮体がんだと宣告され…!?

 

人生で1番驚いた43回目の誕生日

これは、著者であるはなうたねこさんが、過去に実際に体験したお話です。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

43歳の誕生日当日。なんと……子宮からレバーのような血の塊とともに大量の出血が!

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

悩んだあげく、近所のクリニックへ。内診と超音波検査の結果、「子宮内膜症か、もしくは子宮体がんの前段階のおそれがあります」と医師に告げられ、精密検査を受けるよう大きな病院を紹介されました。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

後日。大きな病院では、内診で細胞を採取され、血液検査やMRIもおこないました。

 

それから約2週間後、検査の結果は……。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

「残念ですが、子宮体がんです」
「発症してから、もう10年くらい経っているかもしれません」

 

医師からの突然がんを宣告され、はなうたねこさんの頭は真っ白に。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

「私が、がん……?」
「子宮体がんになって10年くらい経っているって、どういうこと……?」

 

状況がまったく理解できません。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

そもそも、子宮がんには、子宮深部(赤ちゃんが出産まで留まる部分)に発生する『子宮体がん』と、子宮頚部(腟につながる部分)に発生する『子宮頸がん』の2つがあります。はなうたねこさんは、そのうちの子宮体がんでした。

 

医師に「すぐ手術しましょう」と言われ、急きょ、17日後に手術を受けることに。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

また、子宮体がんは、がん細胞の転移がどの程度進んでいるかによって、ステージが分かれています。

 

はなうたねこさんの場合は、良くてⅠC、悪くてⅢCで、手術をしてみないとわからないとのことでした。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

病院で「がんです」と宣告された帰り道、自分以外の人間が全員健康そうに見え、うらやましく感じてしまった、はなうたねこさん。今まで大きな病気にかかったことがなかった分、「健康だけが取り柄だったのに……」と、ショックもより一層大きかったそうです。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

そうして、なんの心の準備もないまま、はなうたねこさんは『子宮体がん』という、大きな病と闘うことになってしまいました。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

自宅に帰り、少し冷静になったはなうたねこさん。すると、今度はこれからの不安に襲われました。

 

「仕事は続けられるんだろうか」
「今はひとり暮らしだけど、生活はどうなるんだろう」
「がんが悪化したら? 入院を繰り返すの?」

 

そんな中、はなうたねこさんが最も懸念したのは、高額になるであろう医療費のことでした。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

当時、貯金もあまりできておらず、医療保険も入っていなかった、はなうたねこさん。

 

しかし、結果的にはお母さんやお姉さんが援助してくれて、どうにかなったそうです。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

加えて、全国健康保険協会(協会けんぽ)で発行してもらった限度額適用認定証を病院に提出したことで、高額医療費控除が適用されました。限度額適用認定証では、所得額に応じて負担する医療費上限が決まり、限度額を超えた金額は、あとで払い戻される仕組みになっています。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

手術当日までの約2週間は、「がんなんてやっつけてやる! 今は先制攻撃されているだけで、これからはこっちのターン! 手術で一気に形勢逆転だ!」と前向きになれる日もあれば、「はあ……私ががんになるなんて」と落ち込む日もあったそうです。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

ちなみに、はなうたねこさんなりに考えた結果、がんになった原因には2つほど思い当たるものがありました。

 

1つは、両親ががんだったこと。遺伝によって自分もがんになったのでは?と考えたのです。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

もう1つは、11〜20歳まで月に2回ほど(=15日周期で)生理があったこと。あくまで個人の推測に過ぎませんが、1カ月のうちに2回も生理がくることで子宮が疲れ果て、がんになってしまったのでは?とも考えたのだとか。

 

「ギャーッ!!」43歳の誕生日、体の一部に強烈な異変を感じて… #子宮がんと腸閉塞 1

 

子宮体がんは40代後半から増加し、50~60歳代にかけて発症のピークとなるそうです。そのため、30代で発症したはなうたねこさんは、レアケースなのかもしれません。

 

子宮体がんの症状で最も多いのは、不正出血です。閉経後や生理期間中以外に不正出血があった場合は、子宮体がんを含めて何かしらの病気が潜んでいるおそれもあります。はなうたねこさんの言うように、自分の体調に少しでも異変を感じて心配になったら、早めに婦人科で相談するのがいいかもしれませんね。

 

監修/助産師 REIKO

 


 

はなうたねこさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 子宮がんと腸閉塞になりました
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターはなうたねこ

    40代で子宮がんが判明。子宮全摘出、抗がん剤治療、2度の腸閉塞を経て、現在がんサバイバー12年目。そのほかいろいろInstagramにて投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶