「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

【子宮がんと腸閉塞になりました 第2話】43歳になる誕生日当日。レバーのような血の塊と大量出血に見舞われ、思わず「ギャー!」と叫び声を上げた、はなうたねこさん。婦人科を受診したところ、子宮体がんだと宣告され…!?

【前回のあらすじ】43歳の誕生日に、子宮からレバーのような血の塊とともに大量の出血があり、「もしかして……病気かも?」と怖くなった、はなうたねこさん。後日、総合病院の婦人科を訪れ、内診で子宮内細胞を採取し、血液検査を受け、MRIを撮影。その結果、医師から「残念ですが、子宮体がんです。発症してから10年くらい経っているかもしれません」と、衝撃の事実を告げられたのです! そして急きょ、宣告から17日後に手術をおこなうことになったのですが……。

 

約6時間におよぶ大手術、そして入院生活の記録

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

「子宮体がんです、発症から10年くらい経っているかもしれません」と医師に宣告されてから16日、はなうたねこさんは、手術前日に入院しました。手術前日はヨーグルトに塩を加えたような味の下剤を飲まされ、カミソリで下の毛を剃られ、へそのゴマをぐりぐりと掃除されて、手術の下準備が完了。

 

翌日におこなわれる手術への緊張と、断食による空腹で眠れないかと思いきや、病院から処方された睡眠薬のおかげで、手術前日はぐっすりと眠ることができました。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

手術室へ! 手術台に乗せられたあとは全身麻酔をかけられ、4秒ほどでスーッと意識がなくなったそうです。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

手術が終わったのは、約6時間後。手術当日は、はなうたねこさんのお姉さんと、友人が付き添ってくれたそうです。

 

今回の手術で、子宮・卵巣は全摘出。さらに周囲のリンパ節も計44個切除しました。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

術後、全身麻酔が切れて目を覚ましたはなうたねこさんは、あまりの痛みに悶絶……。声を発することはおろか、呼吸をするのもつらかったそうです。なんとかジェスチャーで痛みがひどいことをお姉さんに伝えると、お姉さんが看護師さんに「声も出せない状況ですが、痛みがひどいって言ってるんです! 痛み止めを打ってあげてください!」と慌ててお願いしてくれました。

 

その後、痛み止めの点滴を打ってもらい、翌日には痛みが落ち着いたそうです。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

それからの入院生活で、はなうたねこさんが「これは欠かせなかった」と語るのが、「腹帯(ふくたい)」と呼ばれるアイテム(いわゆる腹巻き)。腹帯は、開腹手術をおこなったあとの患部の保護や、手術で切った腹筋の代わりの役割をしてくれるのだとか。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

腹帯を着けていないときは、おなかにまったく力が入らないのですが、腹帯を着けるだけで、いつものように歩くことができるそうです。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

ちなみに、入院生活の中ではなうたねこさんが最も大変だったと感じたのは、トイレでした。術後にずっと寝たきりだと臓器が癒着してしまうおそれがあるため、定期的に体を起こしてトイレに行かなくてはいけないらしいのですが、トイレに行くまでがとても大変なのです! 具体的には……

 

1.心電図のコンセントを抜く
2.両下腹部のドレーン(※1)とつながっている、浸出液(※2)を溜めておく2つのバッグを点滴スタンドのフックにかける
3.点滴が刺さっていないほうの手で点滴スタンドを押してトイレに行く

 

という手順を踏まなくてはならず、これが想像以上に重労働なのです。

 

※1=ドレーンとは、体内に溜まった水分や血液、浸出液、膿などを体外に出すための管のこと。
※2=浸出液とは、傷の表面から滲み出てくる液体。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

そして、トイレに行ったら尿の量を計測しなければいけないのですが、ここでもドレーンが体に絡まって邪魔をします。しかも、トイレから帰ってきたら逆の順番で、浸出液のバッグやコンセントを元の状態に戻さなければなりません。

 

おなかにうまく力が入らない状態のはなうたねこさんにとっては、これだけでもかなりの重労働でした。

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

入院中のはなうたねこさんは、毎日、尿量とお通じの回数も記録。全摘した子宮の周りには排泄機能をもつ臓器があるため、手術後にきちんと排泄ができているか記録することは、術後の経過を見るにあたって、とても重要です。

 

ちなみに、ガス(おなら)が出れば、腸がきちんと動いている証拠になります。そのため、排泄があるかどうかだけでなく、ガスが出るかどうかも、術後の回復具合を確認するための重要ポイントなのだとか。ガスとお通じが出るようになれば、点滴と水だけで栄養をとる日々から抜け出すことができ、食事ができるようになります。

 

そうして、手術から数日後。ガスもお通じも出るようになったはなうたねこさんのもとに、ようやく食事が運ばれてきました!

 

「ハァハァ…」子宮全摘の翌日、激痛で息ができない!姉にSOSを出すと…!? #子宮がんと腸閉塞 2

 

手術後初めて出された病院食の献立は、りんごジュースに具なしのやさいスープ、そしてヨーグルト。どれも具材がまったくなく、食べた気にならないような献立ではありましたが、「口から物を食べられるって、こんなに素晴らしいことなんだ……」と、今まで当たり前だと思っていたことに心から感動した、はなうたねこさんでした。

 

監修/助産師 REIKO

 


 

はなうたねこさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターはなうたねこ

    40代で子宮がんが判明。子宮全摘出、抗がん剤治療、2度の腸閉塞を経て、現在がんサバイバー12年目。そのほかいろいろInstagramにて投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶