記事サムネイル画像

「娘さんが来ていません」小学校からの連絡に驚愕。まさか行方不明になるなんて!⇒娘の身に何が…!?

わが家には2歳から11歳まで5人の子どもがいます。突然、学校からの電話が鳴ったのは、平日の朝9時半のこと。朝7時20分に家を出た小学校1年生の娘が、学校にも行かず、自宅にも帰宅せず突然行方不明に。妻は小学生の子どもたちを見送ったあと、保育園児を保育園バスに乗せてパートに出てしまっています。

私は学校からの連絡を受けて青くなりました……。

頼りにしていた長女がいないと

コロナ禍で、度々学級閉鎖を余儀なくされ、その日は小学3年生の娘が学級閉鎖で休みになっていました。妹である小学1年生の娘は、普段から姉を頼りにしており、長女が学校に行かないので自分も休みたいと朝から何度も言っていました。

 

学校までの道のりは、子どもの足で約30分かかり、坂道や大きな横断歩道もあります。子どもたちは、毎朝決まった時間に集合したあと、定刻になると町ごとに集団登校しています。

 

次女は重い腰を上げランドセルを背負いました。

 

「娘さんが来ていません」

学校から、本来8時に到着するはずの娘が来ていないと、妻に何度か連絡をしていたようです。しかし、妻は保育園児の準備、朝ごはんの片づけなどで忙しく、携帯の着信にまったく気がつかないまま家を出てパートへ行ってしまったのです。

 

何度かけてもつながらなかったらしく、学校から父親である私宛に電話があったのは9時過ぎのこと。「娘さんが学校に来ていません。今日はお休みですか?」と。私は、ランドセルを背負って渋々学校の準備をする1年生の娘を見ていたので、真っ青になりました。

 

 

パートから戻った妻が自宅付近を捜すと……

次女の逃亡劇はこういうことでした。

 

玄関を出た次女は、何度も泣きそうになりながら集合場所に着きました。しかし、到着時間が遅れたため、町の子どもたちはすでに出発していたようです。そのため、次女はひとりで登校していたのですが、途中、不安になり自宅へ戻りました。

 

けれども妻が外出したあとだったので家に入れません。ランドセルを背負った小学生がひとりでいると近所のおじいちゃんから声をかけられてしまうと思った次女は、電柱に隠れてゴミ収集車を見学しながら時間を潰していました。次女はそのまま帰宅時間まで電柱に隠れているつもりだったようです。

 

私からの連絡を受けた妻が10分かけてパート先から帰宅すると、自宅から3軒となりの電柱の隙間からランドセルが見えました。次女の逃亡劇は幕を下ろしました。

 

 

子どもが多いので、わが家は上の兄姉に下の子のお世話を依頼することがよくあります。下の子がひとりになってしまうときの対策ができておらず、今回のようなトラブルが起こってしまいました。事故や事件にあわなくて本当によかったです。子どもにとって慣れない状況であれば登校に同行するなど、不安な気持ちに寄り添ってあげたらよかったと痛感した出来事でした。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

 


著者:おのうえ たく

2男3女の父。趣味:読書、イラスト。サラリーマンとして働く傍らにぎやかで合宿のような大家族の日常を執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →