「どんなことが不安なの?」産後3日目、涙が止まらない私のところへきた義母に悩みを打ち明けると、驚きの行動に…!

「ほほ家のほのぼの絵日記」第1弾。子どもたちと夫との毎日を絵日記にしているほほぼね子さん。今回は、第一子を出産したときのお話です。産後3日目、ほほぼね子さんは、精神的に不安定になってしまいました。心配した夫と義母が、ぼね子さんのところへ来てくれました。そして義母と2人きりで話すことに。

そこで、ぼね子さんは義母の驚く行動を目にすることに――!?
 

義母の励まし

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

ほほ家のほのぼの絵日記 1

 

第一子を出産したぼね子さん。入院3日目ごろから精神的に不安定になってしまいました。病院から連絡を受けて駆け付けた夫が、お義母さんがぼね子さんと2人で話したがっていると言いました。

 

お義母さんは、

 

「ぼね子ちゃん、大丈夫? どんなことが不安なのかな?」

 

とやさしく聞いてくれました。

 

母乳レクチャーを受けたあと、周りの人は母乳が出ているのに自分だけ出ていないことに、不安になってしまったと、ぼね子さんはお義母さんに悩みを打ち明けました。

 

小さな命を守っていけるか自信がないことや、気がついたら目の前が真っ暗だったことなどを、オープンに伝えました。

 

するとお義母さんは、「子育ては昔、みんなでするものだったのよ。だから1人でやろうと思わないで。私や周りの人にたくさん頼っていいのよ」と言ってくれました。

 

温かいお義母さんの言葉に涙するぼね子さん。

 

すると義母は、自分が陥没(かんぼつ)乳首だったから、りゅうくん(夫の弟)が赤ちゃんのころ飲まなかったことを教えてくれました。そして、次の瞬間……!

 

「みる?」

 

と言って自分の乳首を見せてくれたのです。

 

ぼね子さんは、自分を安心させるためのお義母さんの人間力の高さ、愛情の深さに救われました。

 

「来世もこの人の子どもと結婚がしたい」

 

そう思ったのでした。

 

◇  ◇  ◇

なんとやさしいお義母さま。お義母さまは本当にぼね子さんを想って、救ってあげたいと思ったのでしょうね。とても頼りになる、素敵なお義母さまですね♡

 

監修/助産師 松田玲子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 ほほ家のほのぼの絵日記
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターほほぼね子

    2019年にいろちゃん、2021年にそうちゃんを出産。かわいい子どもたちと家事スキルの高い夫との愉快で愛しい日々をマンガにしています。主にInstagramとブログにて活動中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶