「導尿するわね」「え!!!」衝撃過ぎた助産師さんの言葉!まったく反論できず… #初産分娩3時間のお産 最終話

「初産分娩3時間のお産」最終話。1児のママ、yasuco(@yas_uco)さんが2017年に娘さんを出産したときの体験談をつづっています。初産で分娩時間3時間だったことから、周りからは「安産でよかったね!」と言われたyasucoさん。しかし、実際の出産は思っていた以上に大変だったのです。

出産予定日を8日後に控えた日の深夜。突然破水したyasucoさんは、旦那さんと一緒に病院へ向かいます。病院に到着し、事情を話すと、陣痛室へ案内されるyasucoさん。破水していることを助産師さんが確認すると、その場で入院が決まったのでした。

そして、その後陣痛を何回か経験しながらも、子宮口が開いていなかったため、我慢を余儀なくされていたyasucoさん。

「おしっこ出せそう?」の問いかけに対して素直に答えると…

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

初産分娩3時間のお産 最終話

 

出産後体調が悪くなってしまったyasucoさん。

 

この後の記憶はあいまいだったものの、唯一はっきりと覚えているのが、

助産師さんに導尿されたことでした。

 

(えっ!! いや待って!?)

 

心の中で全力で拒否していたyasucoさんですが、

そんなのお構いなしに、助産師さんにガウンをめくられ

導尿をされたのでした。

 

ツーンとした痛みに思わず言葉を失ったyasucoさん。

 

しかし、しばらくすると体が回復!

 

そして、ノートに出産の記録を綴り始めたのです。

 

出産の記録を書き終え、また出産を振り返って思ったのは、

お産は大変だということと、母は強くて凄いということでした。

 

(娘と出会えたお産の記憶は、私の宝物)

 

改めて、わが子に出会えた喜びを噛みしめるのでした。

 

 

娘さんが生まれる前、そして生まれてからも、痛い思いや苦しい思いをたくさんされていたyasucoさん。しかし、娘さんと出会えた喜びはそれ以上のものだったようで、その幸せを噛みしめることができて、本当によかったです。これからも家族で仲良く幸せな日々を過ごしてくださいね。

 

◆「3時間のお産」はこれで連載終了です。短い期間でしたが、ご愛読くださりどうもありがとうございました!


監修/助産師 松田玲子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターyasuco

    2017年生まれの娘のママで、3人家族! 出産マンガや育児マンガを始め、イラストなども描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶