「完全に終わらせたいわけじゃなかった」家出した当時の妻の心境を知った夫。思わぬ言葉に驚いて #僕と帰ってこない妻 436

「僕と帰ってこない妻」第436話。家族を顧みない自己中な夫に愛想を尽かし、一度は家を出たものの、心を入れ替え育児をする夫を見て、家へ戻った妻。

かつて仕事第一だった夫は今、時短勤務で働き、育児と家事の両立をしようと日々奮闘している。

夫婦関係は良好だが、妻が今でも「離婚」という選択肢をもっているのかどうか、ずっと怖くて聞けなかった夫。しかし、捨てられた離婚届を見つけてしまい、意を決して聞くことにした。

 

「今なら、あの日の答えを聞けるのかな」

 

離婚届を捨てることにした、妻の思いとは?

 

離婚届は「戒め」のつもりだったという妻

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「僕と帰ってこない妻」第436話

 

「最初はあくまで【前向きな意味】で持っていたものだったの」

 

妻は、娘と家出をしたあとに離婚届を取りに行ったこと、でもその時点では「離婚したい」という気持ちは固まっておらず、話し合いをしたあとお互いに心の内を明かせたとき、「戒め」として出そうと思って持っていたと告げた。

 

「あの時の私は追い詰められていて、カズ君との関係に本気で悩んでた」

 

家事も育児も一人きりで背負わされて、夫からは冷たい態度をとられ、見下されるつらい毎日。娘の1歳の誕生日さえ忘れて飲み会へ行った夫に我慢が限界を迎え、家を飛び出した。

 

それでも「完全に終わらせたいとまでは、気持ちが固まっていかなったと思う」という妻の言葉に、驚いた夫。妻の言う「戒め」とは一体……?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    50 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶