記事サムネイル画像

「仕事が終わらない」なんでこんな目に…。残業続きになるのは「ある期間」で

私は27歳のころ、つらいPMS(月経前症候群)に悩まされていました。ベッドに横になっていてもつらい頭痛と腹痛、そして強烈な眠気に襲われます。毎月やってくるこの症状に悩んでいたとき、友人のある言葉を思い出し、婦人科へ行ってみると……!?

「仕事が終わらない」なんでこんな目に…。残業続きになるのは「ある期間」で

 

毎月やってくるつらいPMS

私のPMSの症状は、頭痛、おなかの痛み、そして強い眠気です。休日ならまだしも、勤務日と生理が重なると、仕事のパフォーマンスが下がり、なにをするにも普段より時間がかかってしまいます。

 

そして仕事が終わらずに残業をして、疲労から風邪をひくことも……。「こんな目にあうなら、生理なんてこなくていいのに」と生理を恨むほど、当時の私はPMSの症状に悩まされていました。

 

婦人科で処方された低用量ピル

そんなとき、私は友人との会話をふと思い出したのです。以前、PMSによる体調不良で悩んでいることを友人に相談したところ、彼女は「生理前の不調を改善するために、低用量ピルを飲んでいるよ」と教えてくれました。

それまで、PMSを軽減するために低用量ピルを飲むという考えがなかった私。友人の言葉を思い出し「そういえば、あの子は婦人科でピルをもらっているって言ってたな。私も婦人科に行ってみよう!」と、近所の婦人科でさっそく診察をしてもらうことにしました。

 

つらい症状が改善

婦人科へ行き、医師にPMSの症状を相談した結果、私は低用量ピルを処方されました。医師から「低用量ピルは、毎日同じ時間に飲むようにしてください」と言われ、私は毎日21時にスマホのアラームが鳴るように設定し、薬の飲み忘れに気をつけました。

 

低用量ピルを飲み始めて2カ月ほど経つと、これまでつらかったPMS症状とてもラクになり「わ〜すご〜い! 効いた~!」と、とても感動しました。PMSの症状がまったくなくなったわけではありませんが、低用量ピルを飲む前のPMSのつらさを10とすると、ピルを飲み始めたことでつらさは3くらいに軽減されたように感じます。その結果、仕事の効率が上がり、定時で帰れるようになりました。すると、家でしっかり体を休めるようになり、体調を崩すことも少なくなったのです。

 

 

私はつらいPMSに悩まされていましたが、低用量ピルを飲み始めたことで症状が軽減され、とてもラクになりました。その後、妊娠・出産をしたため、低用量ピルの服用は現在ストップしていますが、産後に生理が再開してからも以前ほどつらいPMSの症状ははありません。またPMSの症状がつらくなってきたら、婦人科で相談し、低用量ピルを処方してもらおうと思います。

 

著者/ココロナナコ
イラスト/もふたむ
監修/助産師 松田玲子

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →