「まるでゾウの足…」産後のむくみが想像以上にヤバかった!入院時に活躍するお助けアイテムとは!?

私には子どもが3人います。1人目の出産直後、会陰の傷や悪露、ガチガチに張ったおっぱい、ほぼ不眠不休の赤ちゃんのお世話に加えてやってきたのが「足のむくみ」です。私自身の体験をふまえ、入院バッグに入れておいたほうがよかった物をご紹介します。

足がパンパンに! まさに“ゾウ足”

産後2日目、「なんだか足がしびれるなぁ」と思って見たところ、今まで見たことのない足のむくみが出現していました。足首はなくなり、足の甲までパンパンに膨れ上がった足。最初は「何これ!?」と驚いて、興味本位で写真を撮ったりしていました。

 

看護師さんに聞いたところ、「産後は足がむくみやすいのよ」と、このとき初めて「産後のむくみ」について教えてもらったのです。その後、さらにパンパンになっていく足……。皮膚は完全に伸び切ってしまい、いつか破裂するんじゃ?と思い、少し恐ろしくなりました。

 

フットマッサージが効果てきめん!

私が出産した産院は、産後に「エステかフットマッサージ」を選ぶことができました。最初は「もちろん、エステよね」とエステに希望を出していたのですが、あまりのむくみとしびれに、急きょフットマッサージに変更してもらうことに……。


看護師さんがフットバスを持ってきてくれ、しばらく足湯のように浸かり、その後フットマッサージを受けたところ、このときは、気持ちいいというよりは「何も感じない」状態でした。よほど、むくみがひどかったのでしょう。しかし、翌日しびれがとれてきて、すごくラクになり、とてもうれしかったです。

 

 

2人目出産時は、 着圧ソックス持参

1人目出産時の体験もあり、2人目・3人目のときは着圧ソックスを持参。看護師さんにも「それいいわね!」と褒めてもらい、産後すぐから、骨盤ベルトと着圧ソックスを履かせてもらいました。

 

さらに、着圧ソックスだけではなくて、休んでいるときも意識的に足を上げるように教えてもらったので、壁に足を当てて寝るようにしていました。おかげで2人目以降は入院中も快適に過ごすことができ、念願の産後エステを受けることができたのです。

 

 

1人目出産のとき、私はこんなに足がむくむものだとは思ってもみませんでした。もちろん個人差はあると思いますが、出産時の入院準備品リストには、「必ずいる物」のほかに「あったらいい物」として着圧ソックスが記載されていたらよかったなと感じました。この経験をしてから、出産予定の友だちには必ず「着圧ソックス、準備するといいよ!」とおせっかいを発動してしまいます。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子


著者:横山こなつ

地方在住の3児ママ。夫、小4、小2、2歳、犬2匹の5人家族。 美容の仕事をしながら育児、美容、ショッピング情報を主に執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶