「子どもはほしい。でも…」超デリケートな質問に対する私の答えはとは!? #干物女の恋活 7

【年収1000万のコンサルとマッチング 7】「ひとりで生きたいけれど、独り身でいることで未熟者だと思われたくない」そんな思いから、マッチングアプリを始めたアラサー女子のrさん。しかし、アプリの世界はカオスな出会いの宝庫で……。rさんが体験した個性的で刺激的な男性たちとの恋活奮闘記です。

マッチングアプリを始めたアラサー女子のrさん。「始まりは恋でもいいけれど、ずっと一緒にいたいと思えるような関係性を築ける男性と出会う」ことがrさんの目的であり、目標でした。Jさんに2回目のデートで告白をすると予告されたものの、本当に彼でいいのかrさんは迷っていました。そこで、デートの日までにたくさんの男性とマッチしてデートをすることを決意したのです。

壮絶デートウィーク1日目のお相手は、年収1000万円だというハイスペックなCさん。和やかな雰囲気で好印象だったものの、Cさんから「子どもについてはどうお考えですか?」という初対面の相手への質問とは思えない言葉が飛び出して……!?

 

答えにくい質問

「子どもはほしい。でも…」超デリケートな質問に対する私の答えは… #干物女の恋活 7

 

「子どもはほしい。でも…」超デリケートな質問に対する私の答えは… #干物女の恋活 7

 

「子どもはほしい。でも…」超デリケートな質問に対する私の答えは… #干物女の恋活 7

 

 

「子どもはほしい。でも…」超デリケートな質問に対する私の答えは… #干物女の恋活 7

 

最初から現実的な質問をrさんに投げかけていたCさんからの「子どもについてはどうお考えですか?」という質問。rさんは、Cさんが意味なくこの質問をしてきているのではなく、この時間で相手が一体どういう人間なのか見極めようとしているのだとすぐに気がつきました。rさんは、結婚や子どもを生むことに憧れはありましたが、その相手が誰でもいいというわけではありませんでした。子育ては夫婦の共同作業、パートナーとしては魅力的でもわが子の親として適切ではない相手であれば一緒に子育てをすることはできないと、rさんは強く思っていたのです。

自分の考えのすべてを相手に正しく伝えることは、とても難しいですよね。特に、自分の性格や価値観を知らない初対面の相手に伝えるのなら、なおさら言葉選びや伝え方に気をつけなければいけないかもしれません。

 


 

rさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

r(@r220701)がシェアした投稿

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターr

    マッチングアプリで恋活中のアラサー。自身の恋活記録をInstagramに投稿中。「誰かと素敵な関係を築けるか」今も模索中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶