「痛っ…」行為中に激しい痛み。受診すると思わぬことがわかって

私にとって、生理と付き合う時間はつらいものでした。社会人になると生理痛がひどく、経血の量も多くなった私は、常に夜用のナプキンとお友だち。なぜ、こんなにも生理痛があるのか? ある日の彼との出来事が、改めて生理と向き合う時間を作ってくれたのです。

「痛っ…」行為中に激しい痛み。受診すると思わぬことがわかって

 

「痛っ…」行為中に激しい痛み。受診すると思わぬことがわかって

 

朝からビックリ!

学生時代は幸い、生理痛をそれほど苦に感じたことはありませんでした。しかし、社会人になったころから、頭痛、腰痛、腹痛、イライラ、多量の経血など、さまざまな生理の症状が私を襲うようになってきたのです。しかし、このとき私はまだまだ生理を甘く見ていました。

 

ある朝、起きてみるとビックリ! 布団が真っ赤に染まり、まるで血の海のように経血モレしていたのです。しばらく呆然としてしまいました。そのとき、母に相談はしましたが、病院に行くという選択肢はありませんでした。なぜなら、母には以前から経血の量が多いことを話していましたが、「経血の量は人それぞれのことだから」と言われていたからです。

 

そのことがあってから、寝るときは夜用の一番大きいサイズのナプキンを何枚か重ねる方法で乗り切っていました。

 

激しい性交痛のわけは?

その後、後の夫と出会い、ある日の性行為中の出来事。突然、激しい性交痛が走ったのです。私はあまりにも痛くてしばらく動けなくなるほど。そのときは突然のことに驚き、彼も私の体を心配してくれていました。私自身も不安に思いながらも、様子を見ながら数日が経過して……。

 

すると、不正出血が見られたのです。私は念のため病院に行くことを決意。このとき、私は血尿と勘違いをしていて、まずは内科を受診し腎臓の検査をしましたが、異常なし。医師から子宮からの出血なのでは?と産婦人科受診をすすめられました。そのころの私は、婦人科疾患の知識がまったくなく、産婦人科に行くことが怖くて怖くて、仕方がありませんでした。

 

その後、なんとか産婦人科へ行き、検査などひと通りしてもらったあと、医師から告げられたのは「子宮内膜症です」ということ。初めて聞いた病名でした。とっさに私の口から出たのは「治りますか?」という言葉。医師からは「わからない」という返答でした。

 

とても不安になった私は、すぐに母に報告。ただ、母も「子宮内膜症」という病気を知っておらず、軽く返されただけ。その夜、私は不安からひとりで泣きました。

 

救われた心

そして彼にも報告。私はそのときの彼にとても救われました。「子宮内膜症」という病気のことをインターネットで一生懸命調べてくれたのです。そして親身に、やさしく寄り添ってくれました。

 

不妊の原因にもなることがわかり、私は治療を始めることに。月に一度、生理を止める注射をおなかに打つのですが、それが怖くて痛くて本当に嫌でした。また副作用で自立神経が乱れ、激しい頭痛、精神状態も不安定に。仕事中や人前では気が張っているのですが、帰宅してひとりになると、涙がポロポロ出てきてしまうこともしばしばありました。ただ、治ることを信じて、彼が親身になって支え続けてくれたのです。

 

 

 

7カ月ほどでつらかった治療も無事に終わり、しばらくは仕事を続けていました。しかし、仕事がハードだったこともあり退職し、その後、結婚した夫と妊活を開始。一度は流産という悲しい経験もありましたが、その後、神様は双子を授けてくださいました。あの日の感動は忘れられません。

 

あのとき「子宮内膜症」という病気に気がつかないままでいたら、今の家族という宝物には出会えなかかったかもしれません。そして、あのとき前向きに治療をすすめることができたのはつらいときも支えてくれた夫のおかげ。改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

著者/近藤 ミズキ
作画/ちゃこ
監修/助産師 松田玲子

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    • 通報
      えーまだ籍入れてないのに献身的に支えてくれたなんていい人ー。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶