記事サムネイル画像

義母の背中を見ながら子育てをする私。義母は困っている人を見ると…? #義母の言葉に泣き崩れた話 10

「義母の言葉に泣き崩れた話」第10話。ミカさんのトラウマは、付き合っている人のお母さんに何か言われること。そのトラウマは10年経った今も消えていません。そんな中、現在付き合っている彼氏の実家に結婚のあいさつに行くことに。はたして彼の義母は……?

ミカさんの呼び方を決めたいようで、話しかけてきた義妹。

 

そして「ヨメちゃんってどう?」と聞いてきました。ミカさんは「まあかわいい気もするし……了解だよ」と言ったのですが……。


「そんなんダメに決まっとるじゃろ……」「人には名前があるんじゃけ、名前にちゃんをつければ済むことじゃろ?」と、お義母さんが会話に入ってきたのです。すると、義妹が「そうすると、うちの夫と被るんだもん」言いました。

 

それを聞いていたミカさんは、自分が原因で家族が揉めていることに耐えられず、「私は別に大丈夫、気にしてないので……」と言ったのですが……。

 

お義母さんは、「麻美、そういうことならあなたの夫の呼び方を変えなさい」と言ったのです。そこでミカさんは、お義母さんが自分のことを「娘」のように迎え入れようとしていることに気がつきました。

 

そして部屋に戻り、「私、この家に嫁げて本当に良かった……」と夫に抱きついたのです。

高倉家は義父も個性的

義母の言葉に泣き崩れた話 10

 

義母の言葉に泣き崩れた話 10

 

義母の言葉に泣き崩れた話 10

 

義母の言葉に泣き崩れた話 10

 

そんなこんなで、ミカさんが義実家の一員となって今年で13年。お義母さんは月に2回お米や野菜などを送ってくれ、家族の誕生日には必ず連絡をくれます。


欲がなく、困った人を見つけたら助け、それでいて見返りを求めないお義母さん。そんなお義母さんの背中を見ながら、子育てができることをミカさんは誇りに思っています。

 

高倉家のお義母さんは「すごい人」ということがわかったと思うのですが、なんとお義父さんも個性的なのです。

 

◇   ◇   ◇

 

困っている人がいたら、見返りを求めることなく助けてあげるお義母さん。そんな姿を見ていると、学ぶことがたくさんで刺激的な生活が送れそうですね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターらっさむ

    2人の女児を育てる母。ライブドアブログ・Twitter・Instagramで、ほぼ毎日マンガ更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →