スキー場に赤ちゃんを連れていけるのはいつから?

赤ちゃんをスキー場に連れて行けるのはいつからお伝えします。最近のスキー場では、ゲレンデの一部をちびっこスペースにしているところも多くあります。ですので、よちよち歩きのできる1歳ごろからスキー場デビューができます。行くときには防寒グッズとしてスキーウェアとスノーブーツは用意しておきましょう。

 

冬といえば、スキーやスノーボードの季節ですね。でも、赤ちゃんがいると、出産前のように気軽には行きにくくなるもの。赤ちゃんはいつからスキー場に行ってもいいのでしょうか?

 

続きを読む

雪遊びができるのは1歳くらいから

赤ちゃんのスキー場デビューに適しているのは、歩き始めるようになる1歳くらいから。歩くことができれば、雪遊びが楽しめるからです。ファミリー向けのスキー場ではゲレンデの一角に子ども専用スペースを設け、ちびっこも安全に雪遊びを楽しめるように配慮しています。

 

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも雪の上にころんと寝転んだり、スコップやバケツを使って砂場のように遊んだり、ソリに乗ったりと、いろいろな楽しみ方ができます。

 

雪が染み込まないウエアやブーツを

スキー場は当たり前ですが寒いので、赤ちゃんにもしっかり防寒対策をしなければいけません。特に赤ちゃんは体中を使って遊ぶので、雪が入りにくいようにつなぎになっているスノーウエアがおすすめ。スキー場とはいえ晴れていると汗をかくこともあるので、ウエアの中に着るものも調整しやすいように、薄手のもの、厚手のものを何枚か持っていくと安心です。

 

あとは雪遊び用の手袋と耳が隠れる帽子をお忘れなく。また、意外と見落としがちなのが足もと。ムートンブーツや長靴では雪が染み込むおそれがあるので、雪遊びに適したスノーブーツを履かせましょう。

 

赤ちゃんのご機嫌に合わせて遊ぼう

初めての雪遊びは、赤ちゃんによって反応がさまざま。初めから楽しめる赤ちゃんもいますが、雪の冷たさにびっくりして泣き出してしまう赤ちゃんもいます。せっかく連れてきたのに残念な気持ちになりますが、赤ちゃんのペースでゆっくりと慣れさせてあげましょう。

 

また、大人のように長時間、雪の上にいると体力を消耗するので、暖かい室内でこまめに休憩をとりたいですね。

 

託児施設もうまく活用してみて

ひと昔前は、赤ちゃんをおんぶして滑っている人もいたそうですが、どんなにスキーの腕に自信があっても、思いがけず転倒や衝突をしたら、赤ちゃんに危険が及んでしまいます。最近は託児施設のあるスキー場が増えているので、自分たちも思いきり滑りたいというパパやママは、託児施設のあるスキー場を選ぶといいと思います。

 

 

託児施設は受け入れ年齢が1歳からや2歳からとさまざまなので、あらかじめ確認しておくと安心。さらに授乳やおむつ替えのスペースはあるか、室内に赤ちゃんが遊べる無料休憩所はあるかといったところもチェックしておきたいですね。赤ちゃんが楽しく快適にスキー場デビューできますように!(TEXT:妹尾香雪)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • そのほかの記事を読む

    ママネタの新着記事

  • PICKUP