「産まなきゃよかった」慰謝料300万円。不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

【婚約者は既婚者でした20】尾持トモさんが居酒屋で出会ったのは、趣味や好きなものがピッタリと合う男性。お互いに「運命の人だ」と言い合い、プロポーズまでされていたのに……。次第に、彼が隠していたとんでもない事実が明らかになっていき——!? 尾持さんが描く衝撃の実体験マンガをご紹介します。

交際を始めて4カ月でモトさんからプロポーズされ、子どもの話までしていましたが、彼に妻子がいることが判明。既婚者だとは知らなかった尾持さんでしたが、自分が「不倫相手」だったと知り、彼にキッパリと別れを告げました。しかし、そんな尾持さんのもとに、彼の妻から慰謝料についての書類が届いたのです。

さらに、尾持さんの自宅に現れたのはモトさんとその両親で……!?

 

不倫を知った家族は…

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

 

「産まなきゃよかった」不倫を知った母の言葉に涙が止まらず… #婚約者は既婚者 20

 

モトさんに騙され、裏切られたショックで心に深い傷を負っていた尾持さんの自宅に届いたのは「慰謝料300万円を請求します」と書かれた書類でした。書類を見た尾持さんは、頭が真っ白に……。

そして、不倫の事実を知った尾持さんの母は「不倫なんて最低な人間がやることだ!」「汚らわしい、気持ち悪い!」と尾持さんの頬を叩いたのです。さらに「産まなきゃよかった」とまで言われてしまい……。尾持さんが懸命に「騙されてたの」と伝えようとしても、母はまったく聞く耳を持ってくれません。

そんなとき、自宅のインターホンが鳴り父がドアを開けると、そこに立っていたのはモトさんとその両親でした。家族にも責められ、心がいっぱいいっぱいの尾持さんの前に現れたモトさん。尾持さんは、ただ立ち尽くすことしかできませんでした。

「不倫がよくない」ということは、当事者となってしまった尾持さん自身がよくわかっています。そんな尾持さんの状況に聞く耳すら持ってくれず「産まなきゃよかった」とまで言われてしまうのは、娘にとってとてもつらいこと。突然の出来事に驚き、カッとなってしまうのはわかりますが、まずは話を聞き、これからどうするべきかを一緒に考えてほしいですね。

 


 

尾持トモさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター尾持トモ

    ライブドアブログとInstagramでエッセイマンガを投稿している

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶