子育てのイライラをクールダウンさせる方法はコレ!【ママの体験談】

2018/10/24 20:00
78
この記事では、音楽を聴く・おもしろ動画を見る、自分へのご褒美を用意しておくなど、ママが子育てのイライラをクールダウンさせる方法を紹介しています。

呆然とする女性

 

赤ちゃんと毎日向き合わなければならない状況は、ときにストレスがたまりますよね。育児は待ってくれない、なかなか発散できないのがつらいところ。そこで私の経験を踏まえて、イライラしたときに気分をクールダウンする方法をご紹介します。

 

笑っちゃうエンタメにちょっと頼る!

音楽を聴く女性

 

まず私がおすすめしたいのが、音楽を聴くことです。ノリのいい明るい曲がおすすめ!体を揺らして、音楽にのっていると緊張がほぐれていきますよ。

 

また、動物が好きな私はよくペットのおもしろ動画を見ていました。そのほかにも、授乳や家事をしながら、上の子と一緒に「ザ・ペンギンズ」や「ちびまる子ちゃん」など、短時間で見て笑えるアニメを見るのもおすすめです。家事や育児しながら、気分転換できますよ。

 

自分へのご褒美を用意しておく!

ロールケーキ

 

わが子の予防接種や健診があると、私は前の日から憂鬱でイライラしてしまうことがよくありました。何時に授乳しておけばうまく移動できるかなど、子どもを連れて出歩くことの大変さを痛感していたからです。

 

そんなときは事前に自分へのご褒美を用意しておくと、ホッとして気持ちに余裕が生まれます。ハイハイし始めたわが子の安全を確かめつつ、甘さ控えめのコンビニスイーツをこっそり食べていました。


「イライラしたっていい」と思うようにする!

泣いている赤ちゃん

 

寝不足や疲労がたまると、ふだんの育児も家事もさらにつらくなります。泣くわが子に思わず手をあげそうになるときは、ひとりで玄関の外に出て深呼吸をしていました。

 

そして、泣くわが子に困ったときは「命の危険がなければ、泣いていてもあわてなくて大丈夫!」と自分を落ち着けるように心がけました。ストレスがたまっているのはいつもがんばっている証拠なので、「イライラしたっていいんだ」と考えると楽になります。

 

 

私はあまりにイライラがひどいときには、「疲れたーつらいよー」と泣きながらパパへ思いをぶつけていました。誰かに気持ちを吐き出すと、気持ちをリセットできたんです。私の気持ちを受け止めてもらうことも、パパの重要な役割になっていたと思います。また、ふだんから地域の支援の場へ行くなど、できるだけフォローを受けられる場におもむくことも大事ですね。


著者:斉藤あや

大人しく内気な娘と楽天的で活発な息子、男女二児の母。ママ・パパに役立つ情報をお届けすべく、これまでの育児経験を生かして、育児の工夫やお役立ちグッズなどの情報を発信中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
78

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。