記事サムネイル画像

「えっ、まさか、私…!」違和感がスゴイ…と思ったら体の中にまさかの物が!?

海水浴当日にやってきた生理。私は経血量が少ないこともあって、ナプキン以外の生理用品を使ったことがありませんでした。でも、ナプキンをつけて海に入るわけにもいかず、26歳である生理用品に初挑戦したのですが……。

「えっ、まさか、私…!」違和感がスゴイ…と思ったら体の中にまさかの物が!?

 

海水浴当日に運悪く生理が

26歳のとき、職場仲間と海水浴へ行くことになりました。

 

ところが当日、タイミングの悪いことに生理がきてしまったのです! もともと私は経血量が少なく、生理2日目の夜でも昼用ナプキンしか使ったことがありません。とはいえ、さすがにナプキンをつけて海には入れないので、やむを得ず、使ったことのないタンポンに初挑戦することにしたのですが……。

 

もともと、恥ずかしがり屋の私。使い方を友人の誰にも聞けないまま、トイレの中で説明書をさっくり読み、人生初のタンポンにトライ。すると……初めてのタンポンはとても入れづらく、不快感しかありませんでした。

 

「みんな、こんな嫌な思いをしてまでタンポン使ってるの? 大変だなぁ、動きづらいし。こんなんで、ちゃんと経血を吸収できるの?」と違和感と不安だらけ。結局、海には入らないまま私はタンポンを抜くためトイレへ。

 

抜こうとすると…

恐るおそるひもを引っ張ってタンポンを外すことに無事成功したときは、安堵と解放感でホッとしました。

 

「もう二度とタンポンはゴメンだな」と思いながら、なんとなくもう一度、説明書を読んでいたときです。なんと、そこには『挿入したら、吸収体を押し込んでアプリケーター(筒のプラスチック部分)を抜き取る……』と書いてあるではありませんか。

 

「……えっ?? ハッ!!」

 

挿入時の違和感の理由がようやくわかりました。タンポンをつけるとき、「早くみんなと合流しなきゃ」との焦りがあって、説明書をしっかりと読まずに入れてしまった私。その結果、実は……アプリケーターごとタンポンを体内に入れただけで終わっていて、アプリケーターを抜き忘れていたのです! それは不快感しかないはずです……。

 

 

この一件で「慌てていたり急いでいたりすると、失敗してロクなことがない」と実感しましたし、タンポンの正しい使い方も身をもって学びました。次にタンポンを使う機会があれば、もう絶対に使い方を間違えないと思います……。

 

監修/助産師 松田玲子

イラスト/アゲちゃん
文/上原りょうこさん

 

※タンポンの過度な長時間使用はトキシックショック症候群(急な発熱、吐き気、めまい、失神などの症状)を引き起こす可能性があるため、パッケージ等に記載されている時間や使用方法をしっかり守りましょう。


※アプリケーターを腟の中に入れっぱなしにすると腟内が傷ついて感染症などを引き起こす原因になるので、使用法はしっかり守りましょう。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →