記事サムネイル画像

「話がある」トイレから出て3秒後、下着丸見えの私に…彼からまさかの言葉が!?

多くの女性が憧れ、一度は経験したいであろうプロポーズ。私自身も、シチュエーションや言ってもらいたい言葉など“これだけは譲れない”こだわりがありました。私がプロポーズを受けたのは28歳のクリスマス。確かに、強く思い出に残るものにはなりましたが、それはロマンチックとはほど遠いもので……。

「話がある」トイレから出て3秒後、下着丸見えの私に…彼からまさかの言葉が!?

 

誕生日旅行ならプロポーズで決まり!?

生まれてから地元を離れたことのない私と、大学進学を機に東京で十数年暮らし、地元にUターンした彼。知り合いから紹介されて彼との交際をスタートさせたのは、私が27歳の夏でした。最初はフワッとした軽いお付き合いから始まりましたが、しばらくすると両家の親も公認する真剣な交際へと発展。都心部に住む彼のお兄さん家族から「2人で遊びにこないか」と、お招きされるまでになりました。

 

もともと5月の私の誕生日に有名テーマパークに遊びに行く計画をしていた私たち。彼のお兄さんからお誘いを受けて旅行の日にお兄さん宅にお泊まりさせてもらうことが決まると、やっぱり気になるのが誕生日当日の彼の行動です。だって誕生日に某有名テーマパークに行くんですよ!「もしかしてプロポーズ……あるかも!?」と、私はドキドキが止まらなくなりました。

 

実際、家族や友人、職場の同僚、果ては職場の営業先の仲のいい担当さんにまで旅行の件を話したところ、みんな口を揃えて「これはプロポーズありますよ!」と太鼓判を押すのです! ダメ押しは彼のお兄さん。「プロポーズあるでしょ! 弟に指輪、準備させるわ!」なんて言うものだから、私はみんなに乗せられて完全に浮かれてしまいました。

 

いざプロポーズ!と思いきや…

すっかりその気になった私は、誕生日の1カ月前からエステに通うなど120%の私に仕上げて、プロポーズを受ける準備は万全! 意気揚々とバースデー旅行に旅立ちました。

 

しかし結果は……完全に私の空振り。清々しいくらい何事もなく終わったのです。あとから聞けば、そもそも彼には私の誕生日旅行に合わせてプロポーズする気はまったくなかったそう。

 

旅行前、お兄さんがいろいろと彼に対してハッパをかけたときも、彼は「なんで周りがそんな盛り上がってるんだ?」と疑問だったのだとか。そうとは知らず、お祭りムードで私を送り出し、ワクワクしながら待っていた家族や友人、職場関係の方々に旅行の顛末を報告すると、全員が吉本新喜劇よろしく、ズッコケていました。

 

クリスマスに東京をぶらっと観光

120%あった私の女っぷりが、徐々に数字を落として73%くらいまで下がった夏のころ。彼の友人から「天皇誕生日(当時は12月23日)に東京で挙式をする」との招待状が届き、彼に「友人の結婚式に参列するから、ついでに旅行しよう」と誘われました。メインイベントは結婚式&二次会で、東京観光はそのついでです。なので、今回のクリスマス旅行は肩の力を抜いて、お気楽気分で出かけました。

 

結婚式と二次会が無事に終わった東京滞在2日目。東京に詳しい彼がいろいろなところへ案内してくれました。ディナー後には、「イルミネーションがきれいだけど、どうする?」と彼。クリスマス一色の街が、私たちのロマンチックな雰囲気を盛り上げてくれる……はずでした。

 

ところが、このときの私は疲れもあり、「コンビニでつまみとお酒を買ってホテルに戻りたい。あとトイレに行きたい」と、ただただ自分の欲求に従ってムードぶち壊しのセリフを言い放ってしまったのです。そして宣言通り、ホテルに戻ってすぐトイレへ直行。

 

その間、彼は部屋のカーテンを開けて、東京のきれいな夜景を私に見せようと用意してくれていました。それなのに、そのままお風呂へ入ろうと思っていた私が、トイレから出たときの姿は下着丸見え状態。トイレから出て、思わず「なんでカーテン開けてるの!?」と慌ててしまいました。

 

完全にノーマークだったのに…

秒速でカーテンが閉められ、私は服を着直し、この場をリセットしてお酒を飲もうと準備し始めたときです。彼から「話がある」と声をかけられ、なぜか急に真剣な眼差しで見つめられました。ハッとして、今日1日の彼の言動がフラッシュバック。いろんなことが頭をよぎりました。「(そういえば、この間、彼が大量の薬を飲んでた……。今日も黙り込むことが多かったし……もしかして大病を患っているのかも!?)」、「(いや……別れ話かもしれない)」。

 

嫌なことばかりが頭をよぎり、たまらず泣きそうになった瞬間、彼がポケットからリングケースを取り出してパカッと開けました。すると、中にはキラキラ光るダイヤの指輪が! 別れ話じゃなかったことにホッとして泣き出してしまった私ですが、その意味を理解できなくて「クリスマスプレゼント?」と聞くと、「んなわけあるか! プロポーズだよ!」と彼。

 

彼いわく、「一生懸命、段取りを考えて夜景がきれいな場所をリードしたのに、やれ“寒い”だの“遠い”だの“ホテルに戻りたい”だの言われ、最後は部屋で夜景を見ながらキメようと思ってたのに、それすらもパンツ丸見えの変な格好で台無しにされて。フラグ全部へし折られたよ」とのこと。

 

まさか友人の結婚式に合わせて組んだ東京旅行でプロポーズされるとは……完全にノーマークでした。それでも、以前から憧れていた“指輪パカッ”をしてもらえて、心の底からうれしかったです!

 

 

その後、両家の顔合わせを円満に済ませ、コロナ禍で一度は延期になりながらも結婚式を無事に執りおこなうことができ、現在は2人の子どもに恵まれて慎ましく暮らしています。

 

プロポーズ時の顛末は今も笑い話になっていて、私が薬と思っていたものは、単なるサプリメントでした……。なんとも紛らわしく、お兄さんに「プロポーズしろよ!」って外堀を埋められても動じない超マイペースな彼ですが、私を含め周りの人をいつも大切にしてくれる彼のことは、結婚して何年経とうがずっと変わらず大好きです! 予想外のシチュエーションではありましたが、あのときのプロポーズは私の中でいい思い出になりました!

 

文/おののののこさん

イラスト/アゲちゃん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎