活動量が増える2歳!公園の遊具遊びをレベルアップ!

2017/01/27 20:00
2歳の娘がジャングルジムに初挑戦。保育士さんから聞いた話だと2歳なら2段までという風に年齢を目安にするのが安全に遊べる基準だそうです。また鉄棒で「ぶら下がり遊び」をさせています。鉄棒にぶら下がるだけですが、足を宙に浮かせるだけで楽しいよう。ぶらんこは急に大きく押すとこわいので10cm程度の振幅から始めています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
遊び

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。2歳になると今までと比べて、ぐんと活動量が増えますよね。今まで静的な遊びをしていた娘も、公園へ行くとジャングルジムによじ登るなど活発に。ケガをしないかヒヤヒヤものです。今回は、わが家の公園遊具の遊び方についてご紹介します。

 

「ジャングルジム」何段まで登らせる?

 

2歳の娘がジャングルジムに初挑戦。新しいことに挑戦する姿が勇敢に見えましたが、落ちたらどうしようと、心配の方が大きかったです。

 

体を支えながら2段、3段と順調に登っていたところ急に足を滑らせてしまいました。体を支えておいてよかったと思う瞬間でした。

 

保育士さんから聞いた話だと2歳なら2段までという風に、年齢を目安にするのが安全に遊べる基準だそうです。それからは登らせても2段までにしています。

 

「鉄棒」でどうやって遊ぶ?

 

公園に鉄棒があっても、2歳の娘は興味を示しませんでした。それもそのはず。どうやって鉄棒で遊ぶのか知らないからです。

 

そこでわが家では、「ぶら下がり」遊びをさせています。鉄棒にぶら下がるだけですが、足を宙に浮かせるだけで楽しいよう。腕の筋力もつくので、おすすめの遊びだと思います。落下しないように体は支えておくと安心ですね。


最初は少しの振幅から「ぶらんこ」

 

初めてのぶらんこは私の膝の上に娘を乗せてユラユラ。私自身、何十年振り?にぶらんこに乗りました。子どものころの記憶が蘇りますね。

 

最初は私と一緒に乗っていた娘ですが、慣れてくると「自分で乗る!」と言い出しました。急に大きく押すとこわいので、10cm程度の振幅から始めてみることに。「それっ!シュウッ!」など擬音語で演出するとさらによろこびました。万が一、落下しても大丈夫なくらいの振幅で遊ぶと安心です。

 

 

まだ無理かな?と思う遊具でも、工夫すれば年齢なりの遊びが楽しめると思います。ただ、2歳前後の子どもは思いがけないところでケガをしやすいです。何があってもサポートできる体制で、遊具遊びのレベルアップを図りたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 2
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。