記事サムネイル画像

体調が悪くても病院に行けない…その理由は職場での評価にあって #体調不良から脱却したい 13

「体調不良から脱却したい」第13話。体調不良に悩むアラフォー母、いちまついと子さんの体験を描いたマンガを紹介します。便秘や強い眠気、PMS(月経前症候群)などの体調不良に悩まされていたいちまついと子さん。婦人科の受診したところ、ピルを処方してもらうことになりましたが、ピルはいちまつさんの体に合いませんでした。このまま不調と付き合っていくしかないと思ういちまつさんでしたが……。

ピルの服用を始めたものの、副作用によってさらに体調が悪化してしまい、1週間で服用をやめてしまったいちまつさん。のちのちこの判断は間違っていたことに気付きますが、このときは体調不良と付き合っていくしかないと思っていました。

 

病院の眼科で検査員として働いていたいちまつさんは、体調不良をごまかしながら仕事を続けることに。いちまつさんが病院を再受診できなかったのにはとある理由がありました。

 

体調が悪くても病院に行けない理由は…

#体調不良から脱却したい13

 

#体調不良から脱却したい13

 

 

#体調不良から脱却したい13

 

#体調不良から脱却したい13

 

 

#体調不良から脱却したい13

 

#体調不良から脱却したい13

 

 

#体調不良から脱却したい13

 

こんにちは! アラフォー母のいちまついと子です。

 

婦人科でピルを処方してもらったものの、吐き気や倦怠感などPMSをひどくしたような副作用に苦しめられ、私は勝手な判断でピルの服用をやめてしまいました。

 

病院に行ってピルが合わないことを相談していればよかったのですが、当時の私にそんな余裕はなく……。

 

休みを取ることも難しい職場だったので、体調不良をごまかしてフラフラになりながら仕事をしていました。

 

私は眼科の検査員をしていたのですが、患者数に対してスタッフの数が足りておらず激務を強いられていました。もし自分が休んでしまうと、その分他のスタッフに負担がかかってしまい、なかなか休みが取れない環境でした。

 

しかも私の中には休むことで自分の社会的評価に影響するという考えがあったので、評価が下がることを恐れてさらに休みが取りにくくなるという……。

 

子どもが熱を出したから休ませて欲しい! と訴えても簡単には休めないので「保育園からの連絡があった」という事実が上司を納得させる手段のようなものでした。

 

子どもたちに無理をさせてしまったことや、保育園に迷惑をかけてしまっていたことは今でも申し訳なく、心苦しい思いでいっぱいです。

 

 

いちまつさんが婦人科を再受診しなかった背景には、職場の環境が大きく関わっていました。自分だけではなく、子どもが体調不良になっても簡単には休むことができず、子どもに無理をさせてしまうこともあったのだとか。いちまつさんはこのことを今でも申し訳ないと思っているそうです。自分や家族の体調が悪いときに休むのは仕方がないことですから、みんなが休みやすい環境になるといいですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターいちまつ いと子

    3姉妹を育てるズボラな女子力底辺の母。育児に加え自身の老いや体調不良と向き合いながら生きている。ブログ「まつぼっくりのおきあがろこぼし」にて日常マンガを更新中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →