共働き、専業主婦。環境によって夫婦の役割分担が変わった!?

2017/02/15 22:00
息子が保育園に通っていたころ、保育園の送り迎えやゴミ出しなどはすべて私がしていました。ひとりで抱え込んだ結果、疲労で寝込む結果に。これを機に役割分担を決めました。ところが専業主婦になった途端、育児と家事、ほとんど私ひとりがするように。そこで休日くらいは夫に協力を得ようと決意。共働きでも専業主婦でも「苦しい」「つらい」と感じたら、周囲の協力を得ることが大切ですね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
夫婦関係

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。みなさんのご家庭には、家族のルールやパパの役割ってありますか?共働きや専業主婦など、環境によっても生活スタイルが異なることでしょう。今回は、夫婦が協力し合うことの大切さを知った私の体験談をお伝えします。

 

共働き時代、事前に役割分担をすべきだった

 

息子は1歳から3年間保育園へ通っていました。保育園の送り迎えやゴミ出し、お風呂掃除などはすべて私の仕事。仕事をしながらひとりで抱え込んでしまった結果、疲労で寝込んでしまいました。これを機に役割分担を決めることにしたんです。

 

朝は夫が保育園にわが子を連れて行く、お風呂掃除とゴミ出しは夫がする。役割分担をしてから、かなり体の負担が軽くなったことを覚えています。最初からひとりで抱え込む必要はなかったんです。

 

ところが専業主婦になった途端……!?

 

2人目の出産を機に職場を退社。専業主婦になったわけですが、今まで決めていた役割分担が崩れてしまいました。ゴミ出しやお風呂掃除など、また私ひとりでこなすことになりました。

 

「家にいるんだから時間があるだろう」というのが、パパの言い分です。家にいるとしても、育児は休みなしなのにひどいと思いましたが、夫が家を出る時刻は朝6時半、帰宅は夜9時を過ぎます。夫の気持ちも理解できたので、平日はほとんど私が育児と家事をこなすことになったんです。

 


週末はパパの出番!

 

休日こそゆっくり体を休ませたい。そんなパパの気持ちも分かりますが、平日は私ひとりでがんばってるんです。そこで、休日は夫に協力をしてもらおうと決意!

 

夜更かしをして、朝遅くまで眠る夫を起こし、朝のゴミ出しに行ってもらいました。次に子どもの相手をたっぷりと。私はその間に家事を済ませています。少しでも負担が減ると、心と体が元気になります。子どもとパパがお風呂に入っている間に私はコーヒータイム。こんな時間が幸せです。思いきって伝えた私に、協力してくれたパパに感謝しています。

 

 

共働きでも専業主婦でも、「苦しい」「つらい」と感じたら、周囲の協力を得ることが大切ですね。ひとりで抱え込むと、自分がしんどいだけであることを実感しました。相手に伝えなければ気付いてもらえないこともある。そう感じた体験でした。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。