記事サムネイル画像

突然の激痛に困惑。「絶対違う」と言い聞かせ、トイレへ向かった妻。しかし? #僕たちは親になりたい 31

「僕たちは親になりたい」31話。結婚後、妊活に対して温度差があった美咲と拓也ですが、紆余曲折を経て、「1年間頑張ってみよう」と、本格的に妊活に力を入れる日々がスタート。

いざ妊活を始めると、なかなか妊娠することができず息詰まってしまうこともあった2人。しかし、妊活を始めて1年が経過したある日、昔飼っていた愛犬の夢を見たことで、2人に転機が訪れます。愛犬の夢を見た翌朝、美咲は体のだるさを感じたため、妊娠検査薬を使用することに。すると、陽性反応が出たのです!

その後、病院で検査を受けると、医師から「妊娠しています」と診断を受け、ホッとする美咲。ところが2回目の健診で、「赤ちゃんの心拍が確認できない」と言われてしまいます。

 

その事実にショックを受ける美咲ですが、拓也に励まされ、なんとか前を向こうと気持ちを切り替えて頑張っていました。

 

そんなある日、再び愛犬・コロが美咲の夢の中に登場します。しかし、なぜか美咲がいるほうではなく、反対側に走って行ってしまったコロ。その直後、美咲はひどい腹痛に襲われてしまって……。

 

ズキッ!!! 当然、激しい痛みが襲ってきて…

「僕たちは親になりたい」30

 

「僕たちは親になりたい」30

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

「僕たちは親になりたい」31

 

ズキッという体の痛みで目を覚ました美咲。

 

(おなか痛い……!!)

 

突然の体の痛みに耐えながらも、

大丈夫と自分自身に言い聞かせ、

必死でトイレに向かう美咲。

 

(きっとおなかがちょっと冷えちゃっただけ……)

 

(絶対違う……! この子はきっと……)

 

しかし次の瞬間、にゅるっという感覚が……。

 

その直後、一瞬固まった美咲。

 

恐る恐る下のほうを確認するのでした。

 

◇ ◇ ◇

 

一瞬最悪のケースが頭をよぎりながらも(この子はきっと……)と、最後まで自分に言い聞かせ、望みを捨てなかった美咲。痛みに必死で耐える美咲の表情からも、このときの痛みがかなり激しいものだったということが伝わってきますね……。

 

 

監修/助産師 松田玲子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    ベビーカレンダーでは大人気連載「僕と帰ってこない妻」のほか、「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」など多数連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    111 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶