記事サムネイル画像

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

【もう逃げない卵巣嚢腫手術〜4泊5日の旅〜 第3話】次女妊娠時に卵巣嚢腫があると判明した、わかまつまい子さん。それから約4年間、手術が怖くて逃げ続けたのですが、娘のある行動がきっかけで手術を受けることを決断。その後の入院生活や手術の行方を描いた作品です。

 

手術3時間前の悪夢

明日に卵巣嚢腫の摘出手術を受けるわかまつさん。入院初日は日中に入院手続きや手術前検査を済ませ、18時に夕飯をとりました。

 

その後、22時に消灯となったのですが、明日はいよいよ手術と思うと、わかまつさんは緊張のせいでなかなか寝付けなくて……。

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

 

「無理無理無理!!」初めての体験。おしりにニュルリと入ってきて!? #おなかの爆弾とりました 3

 

22時に消灯となったものの、「ついに明日は手術かぁ」と思うと、なかなか寝付けないわかまつさん。「先生、すまん。ちょっとだけ……」「あと30分だけ観たら寝よう」と、ベッドに寝転がりながら海外ドラマを観続けるうち、気づけば外が明るくなっています。わかまつさんはこの日、結局2〜3時間しか眠れなかったそうです。

 

あと3時間後に手術が迫ったとき、看護師さんから浣腸の処置を受けることになったわかまつさん。娘たちには何度か浣腸をしたことがあるものの、わかまつさんが浣腸をされる側を体験するのはこれが人生で初めてなのだとか。ニュルっという感覚とともに薬剤が入ってきた直後……あまりの便意の強さに「もう無理です!!」と叫び、わかまつさんは急いで女子トイレへと駆け込みます。浣腸って全部出してしまえばラクなのですが、薬剤を注入した直後は本当につらいですよね。

 

点滴を刺して浣腸をして、これで手術前の準備は完了。あとは手術がうまくいくよう祈るのみですね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

わかまつまい子さんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターわかまつまい子

    フリーランスで働く6歳(女の子)と3歳(女の子)のママです!産後や毎日の育児で大変なママが、少しでもクスリと笑えるような漫画をお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶