いつから始める?赤ちゃんのスキンケアの方法と注意点

わが家では、乳児湿疹が現れた生後3カ月からスキンケアを始めました。私の子どもは、乾燥肌だったのでおもに保湿剤を使用しました。また、赤ちゃんの肌を清潔に保つことがスキンケアに必要ですが、神経質になりすぎると必要な皮脂まで奪う結果になります。子どもの肌の変化をしっかり見るべきだと感じました。

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。赤ちゃんの肌はいつでもすべすべだと思っていたのに、現実は汗疹やかぶれなど、肌トラブルがたくさんありました。そんな肌トラブルを経験して、スキンケアの大切さを実感した話をお伝えします。

 

続きを読む

赤ちゃんのスキンケアはいつから始める?

 

私は自然素材の洋服や着色料や香料の入っていない洗剤などを使用し、子どもの肌を清潔に保つよう心がけていました。ところが、乳児湿疹、乾燥性湿疹など、肌トラブルで毎週のように小児科に通う日々でした。多くの赤ちゃんがなるといわれていますが、やはり自分の子どもの肌がボロボロになるのを見るのは悲しいことです。

 

そのため、乳児湿疹が現れた生後3カ月からスキンケアを始めました。私の子どもは、乾燥肌だったのでおもに保湿剤を使用しました。

 

赤ちゃんのスキンケアの注意点

 

赤ちゃんの肌は、ただ保湿すればいいというわけではありません。しっかり肌質を見ることが大切だと思います。

 

たとえば、おむつかぶれの場合は、原因がムレの場合が多いですが、私の子どもは冬におむつかぶれになります。おしりの拭き過ぎや乾燥でおむつかぶれになるのです。

 

赤ちゃんの肌を清潔に保つことがスキンケアに必要ですが、神経質になると必要な皮脂まで奪う結果になります。子どもの肌の変化をしっかり見るべきだと感じました。

 

 

赤ちゃんのスキンケア方法

 

赤ちゃんの肌は、大人の半分ほどの厚さしかありません。水分量が格段に多いため、すべすべつるつるした印象を持っていますが、赤ちゃんの肌もそれぞれです。

 

私の子どもは乾燥がひどく、寝ている間にかきむしり、翌朝には傷だらけになっていることが日常でした。そのため、さまざまな保湿剤を試し、かきむしりがなくなるものを見つけました。赤ちゃんの肌を清潔に保ち、その子に合うものを探しすことが大切だと思いました。

 

 

赤ちゃんの肌も大人と同じように十人十色です。それぞれの赤ちゃんの肌質に合ったスキンケアをすることが、肌トラブルを減少させることになると思います。(TEXT:ママライター手塚みく)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP