ママネタ 育児 障害 体験談 発達・発育

車いす生活宣告をされたわが子。最初の一歩を踏み出した感動の瞬間

13

車いすのイメージ

 

難産で生まれた娘は、命は取り留めたものの障害を持っています。将来は、車いす生活になる可能性がありました。それでも私の娘は、ゆっくりでも確実に成長しています。とくに「最初の一歩」は忘れることのできない感動的なものでした。今回は、そのときの話をお伝えしたいと思います。

 

続きを読む

33時間の難産で生まれた娘

初めての出産は、33時間の難産でした。私も何度か意識を失いそうになり、赤ちゃんも生まれてすぐには産声を上げず、助産師さんたちが刺激を与えてようやく産声をあげました。母子ともに疲れ果てての出産でした。

 

ところが出産の翌日に赤ちゃんの呼吸状態が急変し、NICUに救急搬送されてしまいました。

 

平均よりゆっくり。でも着実に成長

娘は人工呼吸器をつけ、数日眠ると、呼吸の問題はなくなりました。しかし、退院時のMRI検査で、脳が萎縮していることが判明。主治医の先生より「脳に酸素がいかない時間があり、脳がダメージを受けています。将来、歩けなくなる可能性があります」と、車いす生活になるかもしれないというショックな宣告を受け、私は不安で泣いて過ごしました。

 

それでも娘は、平均よりゆっくりであるものの、首もすわり、おすわりもできるようになりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。