赤ちゃんごはんの悩み解決!わが家の「汁もの対策」はコレ

2017/04/09 20:00
6
息子は食事用エプロンが大きらいなのに汁ものが大好き!エプロンの代わりにはロングTシャツを着せています。また、汁ものはコップに注ぐと食べこぼしが減ります。上の兄弟がいれば「教えてあげて」とお願いすると食べ方を楽しくマスターでき上の子も食事マナーを守って食べてくれるので一石二鳥です!
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
生活習慣
体験談

 

こんにちは。ママライターの伊川遥です。息子は汁ものが大好きなのに、0歳のころから食事用エプロンをかたくなに拒否!3度の食事ごとに服がびしょ濡れになり、お着替えをしなければならず、ちょっとしたストレスに……。そんな困った食事の悩み対処法をお伝えします。

 

食事用エプロンの代わりにロンTを!

息子は0歳のころから食事用エプロンがだいきらいです。首周りに違和感があるようで、とにかくいやがります。しかしエプロンがないと3度の食事ごとにお着替えが発生し、結構なストレスに……。

 

そこで、食事用エプロンの代わりに少し大きめのロングTシャツを着せることにしました。エプロンだといやがっていた息子も、ロンTだといやがらずに食事をしてくれました。

 

汁ものはお椀ではなくコップで

「汁もの」が大好きな息子はいつも食べこぼしで衣服をびしょ濡れにしていました。でも、1歳半ごろに「コップ飲み」を覚え、試しにお味噌汁やスープをお椀ではなくコップに注いで出したところ、食べこぼしが激減!

 

お椀よりコップの方が口に当たる部分のカーブが急なので、赤ちゃんの小さな唇にぴったり合ってこぼれにくいようです。汁ものの食べこぼしに悩むママは一度試してみてくださいね!

 


食べこぼしを気にしすぎない

「最初からこぼさずに食べられたら、親なんて必要ない……」ちょっと極端ですが、私は食事中にイライラしてしまうとき、いつも自分にそう言い聞かせています。また、食べこぼしが気になってつい手出しをしたくなりますが、極力見守るように努めています。自分でやらせた方が、結局はコツをつかむのが早いと感じるからです。

 

また、上の兄弟がいれば向い合せに座らせ、お手本になってもらうと食器の使い方を楽しく覚えられますよ。上の子も下の子を意識してか、お行儀よく食べるようになります。

 

 

赤ちゃんの食べこぼしは仕方がないと分かっていても、積み重なるとママもストレスを感じてしまいます。でも、そのうち必ず上手に食べるようになるので、ちょっとの工夫や考え方でやさしく見守ってあげたいですね。(TEXT:ママライター伊川遥)


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。