記事サムネイル画像

「連絡先交換しよう」話の長いママ友から送られてくるメッセージ。文字数だけでなく内容も衝撃だった…【体験談】

5歳の息子の幼稚園で知り合ったAくんママはとにかく話が長く自分の話ばかり。ある日、LINEを交換することになり、私はとても嫌な予感がしていました。そしてその予感は的中してしまったのです……。

 

話が長いママ友にLINE交換を求められ…

5歳の息子と同じ幼稚園で知り合ったAくんママ。送り迎えのときによくお会いするようになり、あいさつを交わすようになりました。あいさつついでに立ち話もするようになりましたが、Aくんママは話が長いのです。

 

あいづちもそぞろに、自分の話ばかり。LINEを交換しようと言われ、なんとなく嫌な予感がしていたので何度かスマホを持ち歩いていないといって乗り切っていました。

 

送られてきた長さと内容に驚き

ある日、スマホを持っているときにAくんママと出くわしてしまい、LINEを交換することに。その日から怒涛の長文LINEが送られてくるようになりました。

 

内容は「Aの習い事は月曜がピアノで火曜が塾で」といった息子の習い事情報や、「うちの夫は某会社の管理職で」と言った身内自慢などなど。それも画面をスクロールしないと読み切れないぐらいの長文LINEが送られてくるのです。

 

 

思い立ってスタンプ1個で返信!すると…?

最初は、その衝撃的な文字数のLINEにいちいち返事をしていましたが、ある日思い立ってスタンプ1個で返事をしてみました。ところが、幼稚園にお迎えに行ったとき、会っても以前と変わらない様子でにこにこ話しかけてくるAくんママ。

 

特に私からのLINEの返事がなかったことを気にする様子もなく、また数日後に長文LINEが送られてきました。Aくんママは返事が欲しいというより、話を聞いてほしいだけの人なんだなと割り切って付き合っていると、だんだんと長文LINEが送られてくる頻度も減っていきました。

 

 

一方的な長文LINEには最初困惑していましたが、距離感を適度に保つとこちらも割り切って付き合えるようになりました。これからもしばらくママ友付き合いが続きます。いろいろなママたちと適度な距離で付き合っていきたいです。

 

イラスト/きりぷち

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

 


著者:小川 朝美

7歳男児・5歳男児・2歳女児の育児をしつつ、医療技術職として働くママ。子育て経験談や趣味について執筆するライターとしても活動中。電車大好きな息子たちの健忘禄として鉄道ブログも執筆している。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎