制度・支援 子育て支援

たまには自分の時間がほしい!ママの味方ファミリー・サポート・センター

27
この記事では「ファミリー・サポート・センター」について紹介しています。育児の援助を受けたい人(利用会員)と、援助を提供したい人(援助会員)が助け合う会員組織で、子どもを預かってほしいときなどに、民間のベビーシッターと同じようなサービスが受けられます。

子育てのイメージ

 

ママだって、たまには美容室に行きたいし、友だちとゆっくりお茶もしたい。赤ちゃんを気軽に預かってくれる人が近くにいればいいけれど、夫が多忙で不在がちだったり、実家が遠方だったりすると困ってしまいますよね。そんなママの強い味方が「ファミリー・サポート・センター」です。

 

続きを読む

どんなサービスなの?

市区町村などの自治体が運営する「ファミリー・サポート・センター」とは、育児の援助を受けたい人(利用会員)と、援助を提供したい人(援助会員)が助け合う会員組織のこと。子どもを預かってほしいとき、保育施設の送迎をしてほしいとき、民間のベビーシッターと同じようなサービスが受けられます。

 

費用はどれくらいかかるの?

自治体によって少し違い、1時間700円〜900円くらいが目安です。このほか交通費や食費がかかったら、実費を支払います。民間のベビーシッターは1時間1,500円以上が相場なので、比べてみるとかなりリーズナブル。自治体によっては2人目が半額になるサービスもあります。

 

どんな人に援助を依頼できるの?

援助会員には資格の有無を問わないので、子育て中のママから、ひとり暮らしのおばあちゃんまで、さまざまな人が登録しています。「家が近所の人がいい」「同年代の子どもがいる家庭がいい」「子育て経験が豊富な人がいい」など希望があればリクエストできます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

制度・支援の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。