暮らし

赤ちゃんにもお年玉をあげるもの? 意外と知らないお年玉の由来やマナー

 

子供が生まれると、お年玉をもらうこともあげることも増えますよね。お年玉のやりとりは親同士のお付き合いにも関わることなので、失礼やトラブルのないようにしたいもの。知っておくと役に立つお年玉のマナーについて紹介します。

 

続きを読む

お年玉の由来とは?

現代のお年玉といえばお金ですが、もともとは「お餅」だったと言います。そもそもお正月というのは、新しい年の幸せをもたらす年神様を家にお迎えしてもてなすための行事。その年神様の御魂が宿った鏡餅は“年魂(としだま)”と呼ばれ、それを食べることで魂をいただいていました。その餅玉を家長が“御年魂”として家族に分け与えたのが、お年玉の由来。お年玉の“たま”とは“魂”のことだったのです。

 

お年玉は何歳からあげるもの?

では、お年玉をあげるのは何歳からか悩むところ。結論から言うと、お年玉をあげる年齢に決まりはありません。お金の意味がわかるようになる3歳くらいからと考える人もいれば、赤ちゃんにも気持ちとしてあげたいと考える人もいます。親戚の集まりなどでは年齢・金額の取り決めをしておくと、余計な気を遣わなくて済むかもしれません。赤ちゃんに現金をあげるのは気が引けるという人は、おもちゃやお菓子にしてもいいでしょう。

 

お年玉を渡すときのマナー

お年玉はポチ袋の表に相手の名前、裏に自分の名前を書いて渡すのが基本。外出先などで急に渡すことになってポチ袋がなくても、お金を裸のまま渡すのは絶対にNGです。ティッシュペーパーに包み、「袋がなくてごめんなさいね」とひとこと添えて渡しましょう。そして、できれば新年にふさわしく新札を用意して。お札は開いたときに表が見えるように三つ折りにします。四つ折りは縁起が悪いと言われているので避けましょう。


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。