記事サムネイル画像

「本当は遊びたくなかった」おばあちゃんに怒られた男の子は、反動で攻撃してくるようになり… #子どもトラブル 7

「子どもの性被害」第7話。現在3児の母であるツマ子さんが小学校1年生のときのお話。ある日、ツマ子さんの家に引っ越しの挨拶をしにきたSくん家族。その日からSくんはツマ子さんの家に遊びにくるようになりました。しかしSくんが提案する遊びは「お風呂ごっこ」や「人形の服を脱がせる」など、違和感を覚えるものばかりで……。

 

祖母に怒られた男の子は…

ある日、近所の子と鬼ごっこで遊んでいるとSくんが参加してきました。
鬼になったSくんはツマ子さんを一目散に追いかけ、羽交締めに。

タッチをすると捕まえたことになるルールでしたが、ツマ子さんは羽交締めにされた状態で胸を触られてしまいます。

 

すると、そこに偶然Sくんのおばあちゃんが。

そしておばあちゃんの前で、一緒に鬼ごっこをしていた女の子の友だちが「なんでずっとツマ子ちゃんの胸触ってるの」と発言しました。

 

すると、Sくんのおばあちゃんはそれを聞いて顔色を変え……。

 

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

子どもトラブル

 

Sくんのおばあちゃんは、きつくSくんを叱ってくれました。
これまで誰にもSくんからの被害を言うことができなかったツマ子さんは、味方ができたようで心強く感じました。

 

それ以後、Sくんは体を触ってくることはなくなりましたが、かわりにいじめてくるように。


ツマ子さんはもうSくんと遊びたくないと思っていましたが、「出てこなかったらボコボコに殴るからな」と脅され、逆らうことができなくなっていきました。

 

◇   ◇   ◇

 

このとき、ツマ子さんもSくんのおばあちゃんがそこにいたにも関わらず、自分からは声をあげることをしませんでした。
もしおばあちゃんが怒ってくれなかったら、ツマ子さんの心の傷はさらに広がってしまったかもしれません。

 

そうならないためにも、日ごろから子どもに対して「嫌なことをされたら必ず大人に教えてね」と伝え、大人も子どもからのSOSを聞き逃さないようにしたいですね。
 


ツマ子さんの連載は、以下のブログからもご確認いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターツマ子

    長男と双子女子の母。5人家族。育児マンガ、ホラーエッセイマンガを書いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶