記事サムネイル画像

「よかった…」内定通知が届き思わず涙が…壮絶だった保活がついに終幕!今思うことは? #保活激闘記 6

「夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜」第6話。夫に友だちと不倫されてしまったつきこさんが、夫との再構築を決めたあとの保活のお話です。

ようやく内定がもらえた保育園に見学へ行くも、設備の古さや保育士の言動に不安が募り決めきれないつきこさん。内定辞退できるギリギリまで保活を続けることを決意。

切羽詰まった中、友人からのある噂が耳に入ります。

一筋の希望が見えてきた……?

夫の不倫相手は友達でした6

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-1

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-2

 

 

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-3

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-4

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-5

 

 

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-6

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-7

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-8

 

 

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-9

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-10

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-11

 

 

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-12

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-13

 

夫の不倫相手は友達でした〜保活大奮闘編〜6-14

 

見学の際に感じの良かった保育園が、これから認可外保育園を新設するかもしれないという話を聞いたつきこさん。

 

さっそくホームページを開いてみると、以前はなかったお知らせが追加されていました。オープンは来月でまだ空きもあり、家からも近いよう。奇跡のような出会いに感謝しつつ、申し込みすることを決めます。

 

そして、無事内定通知が届きました! 張り詰めていた糸が切れたように涙があふれ、追いつめられていたことを実感します。

 

こうして保活も終わり、入園式。号泣するタカシの様子に、保活中に感じた苛立ちも和らぎます。

その後、楽しそうに保育園に通う息子を見て、つらかった保活もやってよかった、そう思えるようにもなりました。

 

仕事探しと保育園探し、両方同時に進めるのは、想像以上に大変です。

特にこの時期は見学できる園も限定されていたので、思うように保活が進まなかったパパやママも多かったのではないでしょうか。つきこさんの体験談もぜひ参考にしながら、保活を乗り切ってくださいね。

作画:鯨ワークス

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターされ妻つきこ

    日々子育てに奔走するアラサーママ。妊娠中に夫に不倫された経験をInstagram(@saredumatsukiko)で投稿しています。フォロワーさんの体験談やサレ妻さん向けの情報も発信中。「夫の不倫相手は友達でした」作:され妻つきこ、作画:鯨ワークス(@kujiraworks8)

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      すっごく運のいい保活でしたね!!

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →