障害児が受給できる手当てってどんなものがあるの?

2017/04/01 18:00
10
娘は障害を持っており、療育手帳を取得しています。療育手帳を取得していることにより、県からは「特別児童扶養手当」、市からは「心身障害児福祉手当」を受給しています。また、幼児期は障害児向けの施設に通う費用や、現在は学校および放課後デイサービスに通う費用も、収入に応じてのようですが、安く済み、助かっています。
カテゴリ│
制度・支援
中カテゴリ:
体験談
子育て支援

 

こんにちは。ママライターの石原みどりです。わが家の長女は、障害を持っています。大変なことも多く、健常児よりも出費がかさむことがありますが、援助金を受けることができており、助かっています。今回は、その点についてお伝えしたいと思います。

 

県から支給される手当て

娘は、知的障害者に発行される「療育手帳」を持っています。都道府県により制度に違いがあるようですが、当方では手帳の等級により「特別児童扶養手当」を受けています。重度の場合は、月5万円程度の受給となります。

 

我が子は中度で、月3万円程度受給しています。支給は4カ月分まとめて後払い。特に連絡はなく、毎年決められた日に申請した口座に振り込まれます。なお、手当の受給には、障害福祉課に申請し、毎年更新手続きが必要です。

 

市から支給される手当て

健常児と同様、月1万円児童手当を受給しています。また同様に、医療費や薬代も中学生まで無料です。加えて、わが子は月7,000円、市から「心身障害児童福祉手当」を受けています。こちらも4カ月分まとめて後払い、口座振込みです。

 

過去に他県におりましたが、そのときは市からの支給はなかったので、とてもありがたく感じました。こちらは障害福祉課の窓口で紹介され申請し、更新手続きはありません。


障害児が通う施設や学校の費用

娘は現在9歳。幼児の頃は障害児向けの施設に通いました。「通所許可証」を障害福祉課で申請しました。所得に応じて支払上限額が決まっており、自営業のわが家は月5,000円程度でした。

 

現在は支援学校に通い、放課後デイサービスも利用しています。学校へは給食代など一旦支払い、所得に応じて一部還ってきます。また、学用品代も1年間に1万円還付されます。デイサービスは、幼児期と同様「受給者証」を取得し、上限額まで納めています。

 

 

療育手帳のことも手当のことも、病院などで教えてくれる機会はなく、同じように障害児を持つ友人から聞いて知ることができました。まずは市役所の障害福祉課に相談に行ってみるといいと思います。(TEXT:ママライター石原みどり)


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

制度・支援の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。