記事サムネイル画像

「専門クリニックに行ったほうがいいかも」不妊という現実を叩きつけられ #不妊の原因は? 5

【子宮筋腫の手術をした話 第5話】Instagramでさまざまなジャンルのマンガを投稿されている、もちなべさん。30代前半で夫と妊活を始めたのですが、半年ほど経ってもなかなか授かれません。そこで婦人科を受診したところ、超音波検査で子宮が通常の2倍のサイズになっているとわかって……。

 

“不妊”という言葉の重さ

超音波検査を受けたあと、医師からエコー画像を見せられ「あなたの子宮は、他の人に比べて2倍くらいの大きさになっています。たぶん子宮腺筋症だと思うけど、これは不妊の原因になりやすいです」と宣告を受けたもちなべさん。半年間も授かれなかったのは病気が原因だったの?とショックを受けていると、続けて医師から「また半年くらいタイミング法で試してみて、ダメだったら検査にきてもらうか、もしくは不妊専門のところに」と提案があって……。

 

「専門クリニックに行ったほうがいいかも」不妊という現実を叩きつけられ #不妊の原因は? 5

 

「専門クリニックに行ったほうがいいかも」不妊という現実を叩きつけられ #不妊の原因は? 5

 

「専門クリニックに行ったほうがいいかも」不妊という現実を叩きつけられ #不妊の原因は? 5

 

「専門クリニックに行ったほうがいいかも」不妊という現実を叩きつけられ #不妊の原因は? 5

 

これまで、毎日欠かさず基礎体温表を記録しタイミング法で自然妊娠を図り、妊娠に向けて自分なりに最大限の努力をしてきたもちなべさん。それでも半年間子どもを授かれず、「婦人科で相談してみるか」と軽い気持ちで受診した結果、「病気のせいで不妊になっているおそれがある」と、あまりにも重い現実を叩きつけられます。

 

さらに、医師からは「このまま同じようにタイミング法を続けてみてもいいけど、もしかしたら不妊専門のクリニックに行ったほうがいいかもなあ」との提案も。病院からの帰り道、もちなべさんは「今日1日で何回くらい“不妊”って言葉を聞いたんだろう。そっか、私って……不妊だったんだ」と深い悲しみに襲われてしまいます。

 

今回、受診したことで不妊の原因がわかり、妊娠・出産というゴールに向けて1歩前進したともいえます。しかし、ずっと妊活を頑張ってきたからこそ、もちなべさんは「この半年間はなんだったんだろう」と、虚しくなってしまったのかもしれませんね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

もちなべさんの作品は、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターもちなべ

    福岡出身・関東在住の30代。blogやInstagramでエッセイやいろいろなジャンルの漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶