記事サムネイル画像

「産まないとは何事だ!」選択子なしを選んで婚約。両親に報告するとまさかの事態に?!

彼女と結婚する前にどのような暮らしをしていきたいか、よく話し合っていました。子どもについてもたくさん話し合い、お互いの意思を確認していたのですが、ある問題が起きたのです。

「産まないとは何事だ!」選択子なしを選んで婚約。両親に報告するとまさかの事態に?!

 

「産まないとは何事だ!」選択子なしを選んで婚約。両親に報告するとまさかの事態に?!

 

結婚前に決めたこと

結論として、僕たち夫婦は子どもは生まずに2人で暮らしていこうと決め、結婚することになりました。理由としては、お互いに仕事が好きで続けたいという気持ちが強く、残業も多い仕事だったので、子育てが疎かになるのが不安だと思ったからです。30代前半はとにかく仕事をがんばり、もしそのあとに子どもが欲しいと思ったら、また相談しようという話で落ち着きました。

 

お互いの両親へのあいさつで…

結婚の意思が固まったので、お互いの両親へあいさつする場を設けることにした僕たち。まず彼女の両親に挨拶をすると「仕事に熱心な娘にぴったりな人だ」と喜んでくれました。子どもは当面望まないことも伝えると、理解を示してくれました。

 

しかし、僕の両親とのあいさつの場ではトラブルが起きてしまったのです。彼女のことは両親も気に入り結婚を喜んでくれたのですが、「今は子どもを持つつもりがない」と僕が話した途端、父の機嫌が悪くなってしまったのです。

 

母は僕たちを気づかい「2人の生活だから私たちがあれこれ言う立場ではないですよ」と父をたしなめてくれましたが逆効果で、父は「子どもをつくらないとは何事だ!」と激怒。まさか、こんなことになるとは想定していなかったので、僕たちは黙り込んでしまいました。結局、この日は険悪な雰囲気になり話は持ち帰ることに。どうするべきか彼女と相談しましたが、なかなか結論が出ませんでした。

 

そして2週間ほど経ったある日。父が突然やってきました。僕は本当に勘当されるのではないかと一瞬不安になりましたが、父は「納得はまだできないが、2人の将来のことだからとやかくは言わない。幸せな夫婦になってくれ」とだけ言って帰っていったのです。

 

 

最終的には前向きな気持ちで結婚できましたが、父の激怒には心底驚きました。あとから聞いた話では、母が父とじっくりと話をしてくれたおかげで、父の心も変わったのだとか。長年築いてきた夫婦の絆の強さを感じたと同時に、僕たちも信頼し合える夫婦になりたいと思いました。

 

著者/匿名
作画/ちゃこ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶