子連れ引っ越しで経験した3つのトラブルと、その対処法【ママの体験談】

2018/10/14 20:00
109
この記事では、子連れ引っ越しでトラブルを経験したママが、自身の経験をもとに「こうしておけばよかった!」という3つのことを紹介しています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談

引っ越し準備

 

引っ越し前後はとても忙しく、さまざまなトラブルが起きやすいもの。子連れ引っ越しの場合は、さらにさまざまなトラブルが発生しがちです。わが家が子連れ引っ越しで経験したトラブルと、その対処法を紹介します。

 

子どもの体調不良に備えておく

病気の赤ちゃん

 

引っ越し前に、少しでもいつもと子どもの様子が違うのなら、早めに受診をおすすめします。わが家では、2回目の引っ越し前日に、次男の咳がひどく、布団の上で吐き戻してしまいました。嘔吐物で布団が汚れても、洗えないという最悪な状況で非常に困ったことがあります。

 

また、引っ越し後の体調不良に対応できるよう、事前に引っ越し先の病院情報をある程度リサーチしておくと心強いです。1回目の引っ越し翌日に長男の熱が41℃まで上がってしまい、最初に出かけた先が病院となってしまったこともありました。

 

家具・家電の不具合は早めに連絡!

家電

 

引っ越し後、冷蔵庫を使っていると、引っ越し前より冷えなくなっていることに気付きました。お肉を入れておくと、翌日には変色してしまうほどです。メーカーに問い合わせたところ、搬出方法で故障している可能性があることがわかったため、引っ越し会社に連絡して対応してもらいました。

 

引っ越し会社によっては、引っ越し後1カ月程度しか、不具合に対応してくれないところもあるようなので、何か気付いたら早めに連絡するようにしたいですね。


各種申請書類の不足、不備に注意

申請書類

 

転居先がこれまでとは別の自治体の場合、児童手当、乳幼児医療助成、保育園など、再度、いろいろな手続きや申請が必要です。

 

私の初めての引っ越しの際は、不備や不足があり、前住所地の自治体に税の証明書を郵送で請求することに……。郵送での請求は手間も時間もかかってしまいます。2回目の引っ越しでは前回の失敗を生かし、引っ越し前に転入先で必要な書類を確認して、早めに準備するよう心がけました。

 

 

子どもと一緒の引っ越しはトラブルだけではなく、なかなか作業が進まなくて本当に大変ですよね。直前に慌てないためにも前倒しで準備を進めると、心にも余裕ができますよ。


著者:東 慶子

三児の母。育児のかたわら、アンガーマネジメントキッズインストラクターの資格を取得。自身の育児経験に生かすとともに、将来的には子ども向けの講座を開催したいと考えている。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
109

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。