記事サムネイル画像

「触ったくらいで泣きやがって!」親戚のセクハラオヤジが逆上!周りからは謝罪を促され… #家族のかたち 1

「家族のかたち」第1話。母が亡くなり天涯孤独になった年、夫にプロポーズされて結婚した私。不妊という悩みを抱えながら、兄弟や親戚の多い夫の家族に必死に馴染もうと頑張った私たち夫婦が、本当の家族とは何かを知るお話です。

 

せっかく家族になったんだから認められたい!

夫しか家族がいない私にとって、夫の家族はうらやましい存在でした……。

 

家族のかたち1-1

 

家族のかたち1-2

 

家族のかたち1-3

 

 

家族のかたち1-4

 

家族のかたち1-5

 

家族のかたち1-6

 

 

家族のかたち1-7

 

家族のかたち1-8

 

家族のかたち1-9

 

 

家族のかたち1-10

 

家族のかたち1-11

 

家族のかたち1-12

 

 

家族のかたち1-13

 

家族のかたち1-14

 

家族のかたち1-15

 

 

家族のかたち1-16

 

家族のかたち1-17

 

家族のかたち1-18

 

 

家族のかたち1-19

 

家族のかたち1-20

 

家族のかたち1-21

 

 

家族のかたち1-22

 

家族のかたち1-23

 

家族のかたち1-24

 

っかく家族になったのだから、大切にしたいし認められたい。

そんな気持ちから、たとえ嫁いびりをされようが、親戚にこき使われようが、なんとか頑張って過ごしてきた主人公。

最初は夫の家のしきたりの「女は着物を着る」ということができただけで、家族の一員になれた気がして、つらいことも頑張れました。

しかしながら、何年たっても扱いは変わらないうえ、親戚の集まりではセクハラまで!

しかも、セクハラをしてきた男性は、親戚の中でも権力のある人だったらしく、自分がセクハラをした事実を捻じ曲げて責めたてたため、それを鵜吞みにした他の親戚からも責められます。

見かねた夫が「帰ろう」と助け舟を出してくれますが、主人公にとって何よりもつらかったのは、親戚に誤解されて責められることよりも、子どもがいないことを責めらること。そして、不妊の原因を抱えた夫が、自分自身を責めていることでした。

 

 


夫以外に家族がいない主人公だからこそ、妊娠への気持ちは人一倍強く、唯一の家族である夫が自分自身を責め続けることは苦しかったことでしょう。

セクハラをしてきた男性は、自分の分が悪いからとただ悪態をついて事実をうやむやにしたかっただけでしょうが、その言葉は主人公夫婦のような人たちを、想像以上に深く傷けることになります。

セクハラという行為だけでなく、こういったデリカシーのない言葉を投げる人の性格は残念ながら変わりません。そのため自分自身が必要以上に傷つかないためにも、自分の気持ちを大切にし、人を傷つける人との距離を取ることが1番の解決策かもしれませんね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    125 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →