医療 助産師REIKO 妊活 妊娠 病気・ケガ 新生児 先天異常

薬を飲むとおなかの中の赤ちゃんにはどんな影響がある?【助産師が解説】

カプセルをもつ女性

 

こんにちは!助産師のREIKOです。妊娠中のママにとって気になる事柄のひとつに、「お薬」があるのではないでしょうか? 妊娠に気付かず、お薬を飲んでしまった、妊娠前から継続的にお薬を飲んでいるけど、おなかの中の赤ちゃんには影響はないの? と、おなかの中の赤ちゃんのことが心配になっていしまいますよね。そこで今回は、妊娠中のお薬についてお話したいと思います。

 

続きを読む

そもそもお薬ってどのように効果を発揮するの?

お薬の多くは、血液中に取り込まれ、効果を発揮します。そして、その効果の現れ方は、お薬の投与の仕方によって変わります。そのとき注目するポイントが、お薬の血中濃度です。お薬の血中濃度が高い方が、お薬の効果が早く、そしてよく(強く?)出ます。

 

目薬や吸入薬など、局所的に使われたお薬の血中濃度は低く、ついで内服、そして点滴など、直接血液の中にお薬を投与した場合の順で、お薬の血中濃度は高くなります。ということは、局所的に使われたお薬よりも点滴などによって投与されたお薬の方が、お薬の効果が早く、そしてよく効果が表れるということになります。

 

そして妊娠すると、ママの血液、そして胎盤を介して赤ちゃんに多くのお薬が到達します。しかし、お薬の種類によって、胎盤を通過しやすいお薬と通過しにくいお薬があります。ママに投与されたお薬の種類と方法によっても、おなかの中の赤ちゃんへ到達するお薬の量も変化していくのです。

 

妊娠各期のお薬による赤ちゃんへの影響

どの時期にママがお薬を使ったかによっても、おなかの中の赤ちゃんに及ぼす影響は変わってきます。

 

着床前期

着床前期というのは、最終月経から妊娠4週までの時期をいいます。妊娠4週というのは、定期的に生理が来ていた方であれば、そろそろ次の生理が来るかも……と言う時期に当たります。

 

着床前期のお薬の影響というのは、おなかの中の赤ちゃんにまったく影響ないか、影響を受けている場合は、流産してしまうかのいずれかです。

 

妊娠初期

妊娠初期は、おなかの中の赤ちゃんの臓器がつくられる時期で、お薬の影響によっておなかの中の赤ちゃんに奇形が生じる可能性が高くなります。

 

なかでも妊娠4~7週は、「臨界期(りんかいき)」と呼ばれ、お薬によっておなかの中の赤ちゃんに奇形が生じる危険性が最も高くなる時期です。

 

妊娠中期以降

妊娠中期以降になると、おなかの中の赤ちゃんがお薬によって奇形を生じるリスクはなくなっていきます。しかし、お薬の影響によって、おなかの中の赤ちゃんの臓器の働きや発育を妨げてしまう場合があります。

 

また、赤ちゃんが生まれて、ママが飲んだお薬の影響がなくなったことによっても、赤ちゃんの全身状態に影響が出ることもあります。そのため、お薬が切れた影響(いわゆる禁断症状のようなもの)が出ていないか、定期的に赤ちゃんの呼吸状態やお熱、哺乳力、活気などを観察していき、症状がある場合、NICUで管理することもあります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。