記事サムネイル画像

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

【子宮筋腫の手術をした話 第15話】Instagramでさまざまなジャンルのマンガを投稿されている、もちなべさん。30代前半で妊活を始めますが、なかなか子どもを授かれず、婦人科を受診すると子宮筋腫と診断されてしまいました。紹介された総合病院で再度検査を受けた結果、手術をすることが決まり……。

 

個室がいいけれど…

妊活をできるだけ早く再開したい気持ちもあり、医師に「手術時期は早ければ早いほどうれしいです」と伝えたもちなべさん。病院側と日程を調整し、1カ月後に手術を受けることが決まりました。その後は医師から手術方法(腹腔鏡手術)について説明され、入院前に必要な検査も受けるなど、手術に向けた準備が着々と進んでいきます。

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

「うっ…!」夫と一緒に入院手続きに→個室にかかる金額を見て…衝撃! #不妊の原因は? 15

 

入院までの期間中に飲む薬として、経血量が多いときに服用する「トラネキサム酸」と、子宮筋腫の増大を防ぐ効果が期待できる「レルミナ」を処方されたもちなべさん。手術当日まではこれらの薬を服用して子宮筋腫の症状を抑えておくようです。

 

手術の約2週間前、家族同席で受ける手術説明と入院手続きのために、もちなべさんは夫と共に病院へ足を運びます。もちなべさん曰く病室はできれば個室がよかったそうですが、1日1万円という金額を見て断念……。仕方なく4人部屋を選択し、入院前の手続きを終えました。

 

確かに個室のほうが周りに気兼ねなく過ごせてラクですが、その分費用がかかるのも事実です。ちなみに、今回もちなべさんは個室をあきらめたのですが、あとになってから「申請すれば保険金を受け取れたから個室を選んでもよかったかも」と思ったそう。医療保険に加入している場合は、保険が適用されるかどうか、いくらくらい受け取れるのかを事前に確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

もちなべさんの作品は、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターもちなべ

    福岡出身・関東在住の30代。blogやInstagramでエッセイやいろいろなジャンルの漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →