記事サムネイル画像

「このにおい、もしかして…」帰宅した夫が隠れてしていたこととは?

私は元喫煙者で、夫は喫煙者です。子どもを授かったと同時に私たち夫婦は禁煙を始めました。当時、は一緒にたばこをやめてくれた夫。そのことに喜びを感じたのを今でも覚えています。ただ、そのままたばこをやめてくれるかな?と思ったのですが……。

「このにおい、もしかして…」帰宅した夫が隠れてしていたこととは?

 

ん? たばこのにおい…?

私はたばこをやめてから、たばこのにおいに敏感になるように。「副流煙で子どもの健康に影響が出るかもしれない!」と、私は日ごろから夫に言っており、夫は、子どもが生まれてからも禁煙を続けてくれていました。

 

しかしあるとき、夫が仕事から帰ってくるとなぜかたばこのにおいが……。私が問いただすと、職場に喫煙者がいるため、誘惑に負けてしまいたばこを再開したとのこと。

 

職場の人間関係もあるし、しょうがないと思った私は「子どもと長い時間を過ごす家にいるときや、休みの日は、たばこのにおいをまとってほしくないから吸わないでほしい」と伝えました。そのことを夫は了承してくれたのですが……。

 

なんだか怪しい…

そんな日々を過ごしていたある日。新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され、夫は出勤できなくなりました。職場に行かなくなったため、夫はたばこを吸うこともなく過ごしており「もしかしたら、このまま禁煙できるんじゃない?」と、私は思っていました。

 

そんなとき、「体がなまるから散歩に行く」と、ひとりでぶらりと夫は毎日出かけるようになったのです。そして帰ってくると夫の体からたばこのにおいが……。

 

私が指摘すると「通りすがりの人がたばこを吸っていた」とか「気のせいじゃない?」と、夫は口にして……。

 

事実を知って

しかし、どう考えても「夫から」たばこのにおいが夫からするうえに、通りすがりの人が吸うたばこの煙程度で、夫の着ていた服やコートににおいがつくとは考えられません。

 

私は真顔で「嘘つきはきらい」と夫に改めて問いただすと、「吸ってきた」と白状。私は嘘をつかれてしまったことが何よりのショックで「嘘つき!」と号泣してしまったのでした。そんな私に夫はただひたすら平謝り。その日から、本当に夫は休みの日にたばこを吸わなくなりました。

 

 

夫が禁煙できなかったことに対してではなく、「隠れてたばこを吸っていたこと」「嘘をつき続けていたこと」に私は怒りを感じました。外出自粛期間で家族以外とコミュニケーションが取れず、気持ちが閉鎖的になっていたことも、私自身、取り乱してしまった原因のひとつだと思います。

 

取り乱した私を見た夫は「家で吸うことは二度としない」「嘘は今後つかない」と誓ってくれたのでした。今の私たち夫婦は「お互いに嘘はつかない」をモットーに生活しています。

 

著者/花山花子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →