赤ちゃんのころから大きなイビキ!扁桃腺・アデノイド手術した長女

2017/06/01 17:00
長女が生まれてほどなくしてから、イビキが大きいことに気がつきました。1歳半から2歳くらいになると、風邪のときなど、睡眠中に無呼吸になることが多くなってきました。あるとき、総合病院で扁桃腺肥大を指摘され、レントゲンの結果、扁桃腺とアデノイド肥大で手術をすすめられました。5歳まで様子を見ましたが、小学校入学を控え、手術を決断しました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

 

4人兄妹の3番目で生まれた唯一の娘。長女が生まれてほどなくしてから、ずいぶんイビキが大きいことが気になっていました。兄2人はイビキをかくということがなかったため、はじめは「男女差なのかしら?」と軽い気持ちで過ごしていました。

 

風邪のとき、睡眠時に無呼吸になる

長女が1歳半から2歳くらいになると、風邪のときなどの睡眠中に、無呼吸になることが多くなってきました。長いと10秒くらい呼吸が止まり、本人も苦しくて眠れず、泣いていることが多かったです。

 

あまりにもつらそうで、近くの耳鼻科を受診。点鼻薬の処方と布団を清潔にするように指導されました。

 

扁桃腺とアデノイドの肥大が判明

あるとき、総合病院の小児科で風邪を見てもらおうと受診したところ、扁桃腺肥大を指摘され、すぐに耳鼻科に通されました。耳鼻科のレントゲンにて、扁桃腺とアデノイド肥大が判明。睡眠時無呼吸の原因は扁桃腺だけではなかったようです。

 

手術による摘出が必要との診断でしたが、アデノイド肥大は6歳前後をピークに落ち着いていく子もいるとネットで知り、まだ2歳だったため、しばらく様子を見ることを決断しました。


ところが毎月のように発熱

幼稚園に通うようになり、ますます風邪をもらう機会も多く、睡眠時の無呼吸に加え、月一で発熱するようになりました。5歳過ぎまで抗生剤での対処で乗り切っていたのですが、小学校入学を控え、病状を考えると手術してみたほうがいいと思い、手術を決断。

 

手術は扁桃腺・アデノイドを同時に口から切除するので、術後ののどの痛みのため、あまり食べられないようでした。2週間ほどで痛みは消えたようです。

 

 

現在、娘は小学1年生になり、切除のおかげで発熱の頻度はぐっと低くなりました。しかし蓄膿体質のようで、風邪のときの睡眠時無呼吸があまり治っていません。今後、総合病院で診てもらう予定でいます。(TEXT:ママライター武山あゆみ)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。