記事サムネイル画像

「慰謝料は300万円」金額を上げるため妻がやった駆け引きとは #親子で不倫女と夫をボッコボコ 28

「親子で不倫女と夫をボッコボコ」第28話。自称・元サレ妻で、現在シングルマザーのマチさん。ブログのフォローワーさんのエグいサレ体験談をマンガで紹介しています。

夫の不倫に気付き、不倫相手と対決した妻。最初は横柄な態度でうそをついていた不倫女でしたが、妻が一つひとつ証拠を突き付けると観念し、慰謝料を支払うことを認めました。

不倫女・ゆる子に夫と交わしたメールの写しを見せ、「1枚目から読み上げましょうか」と笑顔で告げた妻。ゆる子は「すみません! もう結構です!」と大泣きし、「慰謝料はお支払いしなければと思っています」と認めました。妻は「慰謝料の話の前に……」と言って、ゆる子に「あなたの退職を希望します」と伝えました。

 

そう言われてゆる子は……。

 

妻が不倫女に記入済みの離婚届を出し…

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

親子で不倫女と夫をボッコボコ28

 

私が「あなたの退職を希望します」と言うと、「それは困ります」と答えたゆる子。

断られることは想定内だったのであっさり引き下がり、作成しておいた合意書を読み上げることにしました。

 

各項を詳しく説明し、後から文句を言われないよう、金額がブランクになっていることも丹念に説明。

そしていよいよ慰謝料の金額を決めることに。

 

ここで私は夫と私が署名捺印をした離婚届を出し、「夫とは離婚するつもりです」と告げました。

さらに、「この話し合いでは不誠実な対応をされ、精神的苦痛を受けました」と前置き。

「退職についてはこちらが譲歩しますので、慰謝料は300万円とします」と要求しました。

 

最初に退職のことを出したのは、金額を引き上げるための伏線だったのです。

 

-----------------------

要求を一度断らせ、記入済みの離婚届を見せ、今回の話し合いでさらに精神的苦痛を受けたこと、先ほど譲歩したことを認識させた上で高い金額を提示するとは、弁護士顔負けの駆け引きですね。これではゆる子も納得せざるを得ないのではないでしょうか。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターマチ

    発達ゆっくりの息子を持つシンママ。フォロワーさんのサレ妻、ヤバ男、ヤバ女体験談を紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    12 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶