生後7~8カ月ごろの赤ちゃんの口の発達って?保育士が教えます!

2018/10/10 10:00
152
この記事では、生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)の赤ちゃんの口の発達について、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが解説しています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
離乳食中期

離乳食を食べる赤ちゃん

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)の赤ちゃんの体の発達

このころの赤ちゃんは、自分で座ることができるようになってきます。おすわりができるようになると、見える世界が違ってきて、赤ちゃんは活発になってきます。

 

手の動きがさらに上手になり、興味があるものに手を伸ばし、つかんで振ったり叩いたりすることができます。「ぶー」「あーあー」などの喃語も増えて、大きな声を出すこともできるようになります。また、他者の違いを分かるようになり、人見知りが出てくるのもこの時期です。

 

生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)の口の発達と離乳食の形状

口の発達は左右の動きもできるようになり、モグモグの動きができるようになります。離乳食の形状は、ドロドロ、トロトロ、ヨーグルト状から少しステップアップ。2〜3mmのみじん切りにします。


生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)の食べさせ方

このころからイスに座って食べられるようになります。ただ、まだまだおすわりを始めたばかり。赤ちゃん用の背もたれと、ひじかけのあるイスにしましょうね。赤ちゃんがイスを嫌がる場合は、無理強いせずにママの抱っこでも大丈夫です。

 

この時期、赤ちゃんはまだスプーンを使うことができませんので、ママが食べさせます。

 

 1.スプーンを赤ちゃんの正面に持ってくる

 2.赤ちゃんが自分から「パクッ」と口を開けるまで待つ

 

赤ちゃんが開けた口についつい離乳食を入れてしまいがちですが、赤ちゃんが自分で口を開け、スプーンから離乳食を食べることを意識してみてくださいね。

 

メニューづくりのコツ

この時期の赤ちゃんは、まだまだ食べることに慣れることが大切です。赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

 

裏ごしからみじん切りに代わるときは、まずは食べやすい食材から形を大きくしていきましょう。食材によっては、みじん切りが食べにくいものもあるので、すりつぶしたりとろみをつけるなどの工夫をすると、スムーズに離乳食が進みますよ!


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
152

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。