記事サムネイル画像

「昔はこうだった」嫌み?義母の子育て自慢にうんざり…でも、言葉の裏に隠れた本心に気づいて!?

息子が1歳の誕生日を迎え、義実家に行ったときのこと。何かと、昔の自分の子育てを自慢してくる義母を不快に思っていた私。しかし、あることに気づき、義母の言葉を受け入れられるようになったのです。

「昔はこうだった」嫌み?義母の子育て自慢にうんざり…でも、言葉の裏に隠れた本心に気づいて!?

 

 

「昔はこうだった」嫌み?義母の子育て自慢にうんざり…でも、言葉の裏に隠れた本心に気づいて!?

 

わが家に来て開口一番に文句!?

息子が1歳を迎え、わが家に義両親を招いてお誕生日会をすることに。コロナ禍だったため、食事は大皿料理を避けるため私の手料理ではなく、小分けで食べられるお惣菜などを購入し、おもてなしの準備をしていました。

 

そこにやってきた義母がひと言。

「昔はお祝い事のとき、産後でも全部手作り料理でしていたわよ」と。


コロナ禍なので食事を買って用意することは、夫を通じて事前に伝えていたにもかかわらず、嫌みを言われたことに正直とても驚きました。私が固まっていると、再度夫が事情を説明してくれましたが、それでも義母は不服そうでした。

 

「昔は〜」が口癖の義母にうんざり

久しぶりに義両親と再会したため、息子の成長の話など、話は尽きませんでした。
しかし、どんな話をしても義母は「昔は〜だった」と、自分の子育ての自慢話が返ってきます。

 

特にあきれたのは、私が息子の好きなお菓子の話をしたとき。「昔はお菓子なんて食べさせなかったわ。○○(夫)には、お菓子なんか与えて育ててないからね」と言われたこと。とても傷ついたし、もう義母には何も話したくない……とそのときは感じました。

 

 

本当は誰かに認めてもらいたかった?

その日義母が帰ったあと、「もしかしたら義母は、自分が昔、一生懸命に子育てしたことを、誰かに認めてもらいたかったのかも……」と思った私。

 

すぐに義母へメールで連絡を入れました。

「お義母さんが一生懸命子育てされたこと、お話を聞けて、とても勉強になりました」と。
 

すると、「私の子育てを認めてもらえてうれしい。何でも相談してほしい」と返事が来ました。

 

 

義母の言葉だけをそのまま受け取っていたら、きっと私は義母のことが嫌いになっていたかもしれません。私も母親になって「自分が子育てを頑張っていることを、誰かに認めてもらいたい」という気持ちがすごくわかるので、義母を受け入れられました。

 

 


著者:なかまる あゆみ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターうちここ

    年子男児を育てる2児の母。家族で過ごす日常や思い出をInstagram(@uchikoko20)やブログ「うちここ日記」で描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →