記事サムネイル画像

「不倫じゃない!?」頬を赤らめ、男性と親しげに話していたママ友。密会の真相は…!? #産後レス 11

「恋のリカバリーモード〜産後レス解消物語〜」第11話。妻の彩(30)は、夫・将生(33)との間にやっとの思いでわが子を授かり、幸せな妊娠生活を送っていました。子どもが生まれると、彩は慣れない育児に追われ、将生は家族のためにと仕事に奔走。その結果、夫婦間に溝ができ始め、産後レスに……。彩は「なんで私のこと触らなくなったの? 私はしたいよ」と、勇気を出して、夫に切り出しますが、夫からの返答は、「……ごめん」。それから、夫婦間の会話はほとんどない状態が続いていました。

ママ友の悠亜と美咲も、夫に対するわだかまりがありました。悠亜は「夫の激務によるワンオペ育児」、美咲は「出産を機にキャリアを諦めたこと」。それぞれが孤独感を持って生活していました。

ある日、悠亜が元カレの会社のパーティーに参加すると聞いて、一緒に行くことにした彩と美咲。彩以外のふたりはパーティーを楽しんでいる様子でしたが、彩は、見知らぬ男女が楽しむ場に馴染むことができず、会場をひとりウロウロ……。「私、何してんだろ……」。そんな気持ちで帰宅しました。

夫に「今日、何してたの?」と尋ねられたものの、「関係ないでしょ」と冷たい返事をしてしまった彩。夫に黙ってパーティーに出かけたため、「そのうち話さなきゃ」と思いつつ、産後レスの話し合いから夫婦の溝はますます深まり、切り出せずにいました。

 

後日、ランチへ出かけた彩と悠亜。そこで偶然、パーティーで話していた男性と親密そうに談笑している美咲を見かけます。驚きのあまり、開いた口がふさがらないふたりは……!?

 

男性との密会の真相は…!?

恋リカ11

 

恋リカ11

 

恋リカ11

 

恋リカ11

 

 

恋リカ11

 

恋リカ11

 

恋リカ11

 

 

恋リカ11

 

「ねぇ美咲さん! ごめんね、私たちこの間……その、見ちゃって……」

 

3人で集まった際、悠亜は率直に話を切り出しました。

 

「違います違います! 髪に触れていたのは、虫がついていて……」

 

「なーんだ、じゃあ不倫じゃなかったのか!」

 

心なしか残念そうな悠亜。

 

「実は……私、仕事復帰したくて」

 

お店で話していた男性とは、仕事の話をしていたそう。

 

「でもたしか、旦那さん反対なんじゃ……」
「家にいてほしいってタイプだったよね」

 

美咲はもともと、バリバリ仕事をこなすキャリアウーマン。職場で出会った夫との結婚をきっかけに、夫の要望に応え、家庭に入っていたのです。

 

「うん、どうせ反対される。だから決まるまで何も言わないつもりです」

 

仕事復帰に向けた美咲の意志は固く、夫に黙って話を進めようとしていたのでした。

 

 

家事や育児に専念してほしい気持ちから、妻に専業主婦でいることを望んでいる夫。家庭によって考え方はさまざまですが、妻に仕事をしたい意志があるのならば、尊重してほしいところ。美咲が勇気を持って踏み出す一歩を応援したいですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターはぐはぐ

    子どもと夫とのリアルでクスッと笑える日常をInstagramやブログに投稿。実体験をもとに、ママの生活に寄り添ったオリジナルベビーグッズの制作・販売もしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      今の時代は既婚女性だって殆ど皆んな自由恋愛ですからね。結婚後にだって合コン位は皆んな経験有ると思いますよ!^_^

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →