記事サムネイル画像

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

【子宮筋腫の手術をした話 第29話】Instagramでさまざまなジャンルのマンガを投稿されている、もちなべさん。妊活を始めたものの半年経っても子どもを授かれず、婦人科でMRI検査を受けた結果、子宮筋腫と診断されてしまいました。医師に「このまま筋腫を放置すると不妊につながるかもしれない」と言われたもちなべさんは、手術を受けることに。迎えた手術開始時刻、全身麻酔が入ると一瞬にして意識が遠のき……。

 

とても長く感じた夜

手術後、病室のベッドで目覚めたもちなべさん。視界はぼやけていて、おなかや喉にはズキズキとした痛みが。さらに尿道カテーテルが入っている状態で、なぜか尿意のようなものを感じます。どうやら痛みの影響で膀胱のあたりが圧迫されているように感じているらしく、看護師さんに相談したところ、坐薬を入れてもらえることに。坐薬のおかげで痛みが和らいで安心したもちなべさんは、再びウトウトしはじめて……。

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

「あ…またきた」寝ているのに看護師が何度も起こしてくるワケとは? #不妊の原因は? 29

 

寝たり起きたりを繰り返すうちに、次第に意識がはっきりしてきたもちなべさん。まだ体を動かすことはできませんが、体にたくさんのチューブが繋がれていることや、なぜか手術をした腹部よりも左腕のほうが痛いことに気づき、だんだんと自分の状況がわかってきました。

 

しかし、意識がはっきりしてきたとはいえ、長い時間起きていることは難しく、その後も細切れの睡眠を繰り返します。自分がどれくらい眠っているのか、今が何時なのかもまったくわからず、「かなり長い時間をウトウトしていた感覚があった」と語るもちなべさん。ところが、実際ウトウトしていた時間は手術当日の13時から翌朝までの半日ほどだったそうです。

 

全身麻酔の投与を中止したあとは、患者がきちんと呼吸できているか、血液の状態が正常になっているか、そして意識や精神状態に問題がないかを、医療スタッフが注意深く観察する必要があるそうです。もちなべさんの場合も、看護師さんが何度も様子を見にきたということは、術後の状態を確認されていたのかもしれませんね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

もちなべさんの作品は、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターもちなべ

    福岡出身・関東在住の30代。blogやInstagramでエッセイやいろいろなジャンルの漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →