お産で緊急事態!?骨盤がせまくて難産に…【ママの出産体験談】

この記事では、緊急事態が発生してしまったという初めてのお産について、ママの体験談を紹介しています。母子ともに命は取り留めたものの、つらい体験だったといいます。

新生児

 

初めてのお産。どれくらい痛いの? と不安になる妊婦さんも多いと思います。私もそのひとりで、お産のイメージはしていたものの、実際は思い通りにいきませんでした。今回は、緊急事態が発生した、私の初めてのお産についてお伝えしたいと思います。

 

続きを読む

子宮口が開かず、お産が難航

初めてのお産のとき、おしるしがあってからほぼ1日後に、陣痛が始まりました。最初はズーンと重い生理痛のような感覚で、「これならいけるかも」と思っていました。その後、痛みが10分間隔になったので産院に電話をしました。

 

産院で受診すると、子宮口は3cmしか開いていないとのこと。ただ、子宮口は開いていないものの、陣痛の間隔が短かったのでそのまま入院することに。陣痛の間隔が短い状態が長く続くと、どんどん体力を消耗し、眠れなくて苦痛な状態が一晩中続きました。

 

人工破水でお産促進

翌朝、陣痛開始から24時間経ち、子宮口は7cmに。先生の判断で、陣痛を促進させるため、人工破膜がおこなわれました。しばらくは逆に陣痛が弱くなりましたが、そのうちものすごい痛みが!

 

穴の空いたイスに座り、子宮口が10cmになるのを待ってから分娩台へ。強い陣痛がくるものの、赤ちゃんは下になかなかおりてこず、いくらいきんでも赤ちゃんの頭が出てきませんでした。

 

緊急事態!?吸引しても生まれない

先生が吸引分娩を試み、同時に助産師さんがおなかの上から押してくれましたが、赤ちゃんは生まれず、疲労困憊。32時間が経過し、先生と帝王切開をすることに決め、準備をしているときにものすごい陣痛が来て、自然に赤ちゃんの頭が出ました。

 

どうやら私の骨盤が狭く、冬で体重も増え気味だったために難産になったようです。

 

結果、赤ちゃんは仮死状態で生まれ、大きな病院へ緊急搬送されました。母子ともに命は取り留めたものの、つらい体験をしました。


著者:石原みどり

知的障害を持つ子どもと口唇口蓋裂を持つ子どもの母。波乱万丈で大変なこともあるが、子どもたちと幸せいっぱいに生活している。経験を踏まえ、子育てに関する情報を発信中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP