日曜・祝日も開館の子育て支援センターがオープン

子育て支援センターを利用したことはありますか?平日しかあいてないから利用したくてもできないと思っている人も中にはいるのではないでしょうか?私も土曜はあいているけれど、日曜や祝日はしまっているイメージが強いです。そのイメージを覆すべく、東大阪・布施に日曜・祝日も開館する子育て支援センターが5月22日にオープンしました。

 

子育て支援センターを利用したことはありますか?平日しかあいてないから利用したくてもできないと思っている人も中にはいるのではないでしょうか?私も土曜はあいているけれど、日曜や祝日はしまっているイメージが強いです。そのイメージを覆すべく、東大阪・布施に日曜・祝日も開館する子育て支援センターが5月22日にオープンしました。

 

続きを読む

その名も「ゆめっこ」

場所は、近鉄・布施駅駅前のヴェル・ノール布施4階。年末年始以外、日曜・祝日も開館しています。
 
施設内には絵本やおもちゃが用意され、未歩行児だけで遊ぶことができる「きりんの部屋」、一時預かり用の「うさぎの部屋」、親子向けの講座などを開く「ぱんだの部屋」や調理設備を備える会議室、子育てサークル活動部屋などを備えられています。

 

リフレッシュ型一時預かりも

東大阪市立子育て支援センターで、日曜・祝日の一時預かりが利用できるのは同施設が初めてであり、買い物や通院などの際に1時間単位で預けられ、1日最大4時間まで預けることが可能になります。
 
一時預かりは6カ月~就学前の乳幼児が対象で、1時間の料金は、0~2歳=400円、3歳=250円、4歳~=200円。利用日の7日前から前日午前中までに予約が必要とのことです。こちらの利用は6月1日からスタートの予定です。

 

子育ての悩み相談等も可能に

来館時に相談できる来所相談、事前予約の面接相談、発達相談(第4金曜9時30分~12時)、電話相談(月曜~土曜の9時~17時)の窓口も設けられています。

 

野田義和東大阪市長は「子育ては悩みが尽きないので、悩みを解決に導くお手伝いもさせていただきたい。リフレッシュしたいときにホッとひと息つける、地域に根差したセンターになれれば」とセレモニーにてあいさつをされたとのこと。

 

 

どうしても日曜や祝日に子どもを預かってほしいとき、また、悩みを相談したいけれど、平日にはなかなかいけないなんてときに、ほぼ年中無休で開いていて頼れる場所があると思うだけで安心感が増します。日曜も開館している子育て支援センターも増えてきているようですので、どんどん増えていくとうれしいですね。(TEXT:東 裕子)

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    制度・支援の新着記事

  • PICKUP