暮らし 歯磨き・虫歯予防

1歳後半のわが子がひどい口内炎に!小児歯科で教わった対処法

7

 

口内炎というと大人がなるものと思っていたのですが、現在2歳の息子は、よく口内炎になります。痛がって食事もとれず、塗り薬もいやがるので困っていました。そこで、小児歯科で口内炎の対処の仕方を教えてもらいました。口内炎になるたびに実践している方法をご紹介します。

 

続きを読む

ほっぺの内側に大きな口内炎

息子が1歳後半で奥歯が生え始めた時期でした。ほっぺをよく噛むようになり、大きな口内炎ができてしまいました。とても痛そうで食事もあまり食べず、指を口に入れて傷口を触ってしまい、症状が余計に広がっていきました。

 

何科を受診したらいいのかわからず、まずは小児科で診察してもらうことに。傷口が大きいので、抗生剤の処方を受け、小児歯科も受診するようすすめられました。

 

口内炎のときこそ歯磨きはしっかり行うこと

小児歯科を受診した結果、口内炎のときこそ、清潔に保つために歯磨きを行わなければならないことを教わりました。

 

息子は口内炎を痛がり、口を開けてくれないため、歯磨きもおろそかになっていました。小児歯科を受診して状態を見ていただいたことで、どこに口内炎があり、どこに気を付けて歯磨きをしたらいいのか、よくわかりましたよ。

 

そして、処方されたうがい薬を薄め、歯ブラシにつけながらよく磨くこと、ほっぺに指を入れて、口内炎に歯ブラシが当たらないようにすることを指導されました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。